tpcs_151021_londonnite_main

トピックス
2015.10.21

音楽評論家の大貫憲章が監修する“ロックで踊る”DJイベント「LONDON NITE」の、35周年記念コンピアルバム『ロンドンナイト04』がリリース

1980年、音楽評論家の大貫憲章が“ロックで踊る”を標榜し、日本初のロックDJイベントとして新宿ツバキハウスからスタートした“LONDON NITE”。現在も東京を拠点に日本各地で継続中のこのイベントは今年で35周年を迎え、同氏、選曲・監修のアニバーサリー・コンピレーション・アルバム『ロンドンナイト04』が10月21日に発売された。

「(“LONDON NITE”を)始めた時が29歳で35年後の今は64歳。還暦過ぎてもまだ現役で続けているとは、お釈迦様でも予想できなかったに違いない。そして、また奉祝の鐘ならぬ新しいコンピレーションCDがここに生まれた。これもみな多くのファンのみなさまのおかげであり、支えてくれる仲間たちや関係者があればこそ。このアルバムをそういうみんなでシェア出来てロックオヤジとしては感無量だ。ありがとう!Go For It!」と大貫氏は語っている。

また、この記念すべき日を祝して、浅井健一(SHERBETS)、伊藤政則(ヘヴィ・メタル・サウンドハウス)、高木完(東京ブラボー)、高橋盾(UNDERCOVER)、野宮真貴、森山達也(THE MODS)、横山健(Ken Yokoyama)など“LONDON NITE”を愛する著名人のよりお祝いコメントが寄せられた。

ロンドンナイト、35周年おめでとうございます。
ということは僕が15歳の時からやってるんですね。
19歳ぐらいに名古屋のOZというディスコにロンドンナイト
がやってきた時に僕は行きました。
あぶない感じがあった。そもそもOZはちょっと危険な
香り漂うディスコだったんですがロンドンナイトは、みんな
張り切ってしまうもんだからよりいっそう危険度が増していた記憶です。
大好きな曲で思いっきり踊るのは最高ですね。
最近やってないけど、もう一回やってみたいですね。
憲章さん、あと10年以上頑張って下さい。
期待してます。
―― 浅井健一(SHERBETS)

『君たちがいて僕がいた!』
大貫さんのロンナイが新宿のツバキで始まり、およそ1年後に、私のヘヴィ・メタルナイトが、追いかけるようにスタートしました。どんだけ客が入ってもギャラは月に2万円。今、思えば、若さ勝負のイヴェントでした。しかし、今も場所変えてやってます。精神年齢だけはお互い自慢できますよ。大貫憲章は憧れにして、よき友。共に白髪ははえていますが、生涯現役のDJで頑張ろう!35周年は、単なる一里塚だ!
―― 伊藤政則(ヘヴィ・メタル・サウンドハウス)

その他、全19名のコメントはこちら
http://www.sonymusic.co.jp/artist/CompilationInt/info/460469

“LONDON NITE”のイベント名を冠したコンピレーションCDとしては、10年振り、第9弾となる今作は、バッド・レリジョン、NOFX、311、MXPX、サブライムなど90年代~2000年代の“メロコア”、“スカコア”などを主に大貫憲章氏が選曲。ツバキハウスから離れ、渋谷ホットポイント、ミロスガレージ、CLUB WIREの時代、現場でスピンされ、フロアを熱く盛り上げてきた「ロンナイ永遠の定番曲」全17曲が収録された、時代の証人たるコンピレーション・アルバムとなっている。

『ロンドンナイト04』
大貫憲章 選曲・監修・解説
”LONDON NITE”35周年記念盤!
『ロンドンナイト04』
2015年10月21日発売
SICP4466
http://www.sonymusic.co.jp/ilist/compilation/SICP-4466