tpcs_180411_lfj2018_main

トピックス
2018.04.16

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」開催にあわせ、「ラ・フォル・ジュルネ」の公式音源をSMART USENで!

5月3日に開幕するクラシック音楽イベント「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」にあわせ、音楽アプリ「SMART USEN」でも同タイトルの特集チャンネルがローンチ。4月13日から5月9日までの期間限定で、ラ・フォル・ジュルネ公式音源を配信する。

<PR>
SMART USENの「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」特集でラ・フォル・ジュルネ公式音源を!



5月3日に開幕するクラシック音楽イベント「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」にあわせ、音楽アプリ「SMART USEN」でも同タイトルの特集チャンネルを展開する。こちらは、4月13日から5月9日までの期間限定で、ラ・フォル・ジュルネ公式音源を配信する。

SMART USENの「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」特集チャンネルは、iPhone、アンドロイドの各スマホでアプリをダウンロードすれば、通信料のみのフリープランで聴くことができる。

気になる配信内容だが、ラ・フォル・ジュルネ公式コンピレーション『Vers Un Monde Nouveau』や、日本未発売の音源から、『ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 』、『ショパン:ピアノ協奏曲第1番』、そして『ロドリーゴ:アランフェス協奏曲』といった今年の「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」での公演が予定されている作品を中心に、ドミトリー・リス指揮 ボリス・ベレゾフスキーのピアノによる『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第4番』や、モディリアーニ弦楽四重奏団による『ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」』といった演奏も楽しめる。5月3日からの開催を前にぜひチェックしておきたいところだ。

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」のテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。ラ・フォル・ジュルネは、1995年、現在もアーティスティック・ディレクターを務めるルネ・マルタンによってフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。日本では2005年、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」として初めて開催され、今年タイトルと開催エリアを刷新した。5月3日(木)、4日(金)、5日(土)の3日間、東京国際フォーラム周辺エリアと、東京芸術劇場ほか池袋周辺エリアで開催される。

Photo by teamMiura





SMART USENの「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」特集でラ・フォル・ジュルネ公式音源を!



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play