tpcs_180319_dct_main

トピックス
2018.03.19

ドリカム×太陽の塔、最強コラボの歴史的パフォーマンスに約7,000人が熱狂!

3月18日、太陽の塔内部公開記念イベントとして、太陽の塔がバックにしたあり得えないステージで行われたDREAMS COME TRUEのスペシャルライブ。その模様をレポートする。

<PR>
J-POPフリークの音楽アプリ「SMART USEN」



大阪のランドマークといえば、通天閣に阿倍野ハルカス、そして万博公園に鎮座する太陽の塔だ。1970年に開催された大阪万博以来じつに48年ぶりの塔内部公開を記念したセレモニーのスペシャルライブにDREAMS COME TRUEが登場した。太陽の塔がバックにそびえ立つ、あり得ないロケーションの特設ステージは、初めてなのだとか。ドリカムといえば、ただでさえ大阪とは楽曲やイベント、自身のライブを通じて深い絆があるのに加えて、中村正人は寝屋川市の小学校に在学していたときに開催された万博に夢中になったり、一方、吉田美和は岡本太郎のエナジーがみなぎる太陽の塔のフィギュアを所有していたりと、「運命を感じる」出演となった。

「OPEN SESAME」から「決戦は金曜日」、「JET!!!」と畳み掛けるのはさすが、ニューアルバム『THE DREAM QUEST』のアリーナツアーを終えたばかりという勢いそのままのセットリストだ。

曲終わり、吉田が後ろの太陽の塔を振り返り、「ヤバイヤバイ見てたら泣く」と感慨深い感想を漏らす。ドリカムのライブでは、オーディエンスのことを地名などからとって“◯◯ベイビーズ”と吉田がその場で名づけるのがお決まりとなっているのだが、今回は、“大阪太陽ベイビーズ”に決定。岡本太郎の言葉「モーレツな祭り」にあやかり、「太陽に届くくらいのモーレツな祭りにしよう!」と一体感を高める。

「LOVE LOVE LOVE」そして最新アルバムからのナンバーと、ドリカムの歴史を太陽の塔が見守っているような不思議なパワーに溢れたライブは、やはりこの場にしかないグルーヴを生み出していく。アルバム『THE DREAM QUEST』に収録され話題となった「世界中からサヨウナラ」を演奏する前には、この曲のタイトルをつけるとき、大阪万博のテーマソングだった三波春夫の「世界の国からこんにちは」の話がふたりの間で出たというエピソードを披露。裏打ちのビートが、“こんにちは”に対して“サヨウナラ”という因縁をより感じさせて面白い。

「その日は必ず来る」を大合唱したあとのMCで中村がこんなエピソードを語ってくれた。「3月21日がドリカムのデビュー日で、29年前のその日は大阪のイベントに出演しました」。ドリカムのはじめの一歩が大阪だったという深い縁、そこから始まって、大阪府都市魅力戦略の一環でもある「中之島にぎわいの森プロジェクト」事業に賛同し、植樹活動を行うなど、緑を大切に大阪との関わりを築いてきたという点も、太陽の塔内部の生命の樹とリンクしていて、この場にドリカムのふたりがいることの必然性がうかがえる。

後半の流れもスペシャルだった。「あなたと同(おんな)じ空の下」「うれしい!たのしい!大好き!」「大阪LOVER」という無敵の流れ。「大阪LOVER」と「あなたと同じ空の下」は、大阪を舞台にした、ある恋人同士が主人公の曲で、ストーリーが地続きになっている。そこに、主人公の女性の気持ちを代弁するように代表曲「うれしい!たのしい!大好き!」を入れるあたりに、ドリカムのふたりの大阪への深い愛情を感じた。曲とストーリーがドリカムの歴史のなかで、また48年ぶりという太陽の塔の大きな時間のなかで、ぐんぐん膨らみ、そこにいる約7,000人の“大阪太陽ベイビーズ”を包んでいった。

(おわり)

取材・文/谷岡正浩
写真/中河原理英、岸田哲平



■太陽の塔内部公開記念イベント DREAMS COME TRUE Special Liveセットリスト
1. OPEN SESAME
2. 決戦は金曜日
3. JET!!!
4. LOVE LOVE LOVE
5. KNOCKKNOCK!
6. 世界中からサヨウナラ
7. その日は必ず来る
8. あなたのように
9. あなたと同(おんな)じ空の下
10. うれしい!たのしい!大好き!
11. 大阪LOVER





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play