170418_rekishi_main

トピックス
2017.04.18

レキシ、新曲「KATOKU」のMVでマテンロウのアントニー、デニスの植野行雄と共演

4月26日(水)に発売されるレキシのニューシングルから表題曲「KATOKU」のミュージックビデオが公開された。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら



レキシのニューシングルから表題曲「KATOKU」のミュージックビデオが公開された。

公開された「KATOKU」のMVは、出演者のコメント映像などが挿入されたYouTubeバージョン。「KATOKU」のテーマは、世継ぎや跡目を意味する家督だが、ダイハツ トールのCMソングで流れる「キミに家督を譲りたい」というパンチラインとキャッチーなメロ、80年代テイスト満載の爽やかなAORアレンジだが、MVのキーワードも、ずばり80年代ロック。バンドメンバー役にマテンロウのアントニー、デニスの植野行雄、フランキーのファビアン、そして風味堂の渡 和久をキャスティングし、80’sロックのミュージックビデオへのオマージュが散りばめられた笑撃の映像に仕上がった。

ロケーションは横浜某所の倉庫で、レキシ、バンドメンバー役の面々がそれぞれ現場入りすると、まずは衣装合わせが行われた。レキシの衣装はシングル「KATOKU」の最新ビジュアルともなっているおかっぱ&羽織袴の若君スタイル。メンバーがオン・ザ・眉毛のセミロングのヅラ80’sルックの衣装に着替えると、それぞれもはや誰だか分からない異様な出で立ちに一同が爆笑。

ちなみに撮影に使用されたカメラは、80年代にプロユースの機材として名を馳せたIKEGAMIの真空管式ビデオカメラHL-95ということで、リアル80年代の画質で撮影が行われ、全カットほぼ一発撮りというあまりにもスムーズな進行に、アントニーは「大丈夫ですか?ちゃんと使われますよね?」と不安を覗かせる一幕も。

本編撮影終了後、3人のキャストにレキシネームが与えられた。ファビアンはフランシスコ・ファビエル、植野行雄はペレー来航、そして以前からレキシと交流のあったアントニーは大砲の弾と名付けると、アントニーの「ちょっと!大砲の弾って……」のリアクションに一同も爆笑。エンドロールは80年代テイストのアーティスト写真で無事撮影終了となった。

さて、4月26日にシングル「KATOKU」をリリースするレキシだが、盟友ハナレグミとのカップリングツアーの模様を収めた映像作品「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」も同時リリースし、6月からは10周年を飾る夏の全国ツアー「レキシツアー2017 不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち」をスタート。さらには各地の夏フェスへの出演も続くということで、シングルリリース後の動向にも注目したい。



レキシ「KATOKU」
2017年4月26日(水)発売
初回限定盤/VIZL-1113/1,700円(税別)
Victor Entertainment


レキシ「KATOKU」
2017年4月26日(水)発売
通常盤/VICL-37250/1,200円(税別)
Victor Entertainment


ハナレグミ・レキシ「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」
2017年4月26日(水)発売
Blu-ray/VIXL-186/5,500円(税別)
Victor Entertainment


ハナレグミ・レキシ「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」
2017年4月26日(水)発売
DVD/VIBL-843/844/4,500円(税別)
Victor Entertainment


「SMART USEN」は150万曲以上! ベテランからニューカマーまで幅広く配信



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play