tpcs_170417_ringo_main

トピックス
2017.04.17

椎名林檎とトータス松本のデュエット曲「目抜き通り」、4月20日(木)配信リリース

椎名林檎の2017年第1弾は、GINZA SIX(ギンザ シックス)のために書き下され、トータス松本にデュエットをオファーしたという新曲「目抜き通り」。配信リリースも決定した。

<PR>
音楽アプリ「スマホでUSEN」
14日間無料試聴はこちら



「NEW LUXURYを世界に向けて発信する」というコンセプトを掲げるGINZA SIX(ギンザ シックス)。このプロジェクトからのオファーにより、椎名林檎が書き下したのが新曲「目抜き通り」だ。

そして、椎名がかねてより共演の機会を求めていたトータス松本にデュエットをオファーし、トータスが快諾、このデュエットが実現した。

録音現場には、バンドとホーン、ストリングスの指揮と編曲を担った斎藤ネコをはじめ、椎名作品ではおなじみのミュージシャンが集結。緻密に構築されたアンサンブルを同時録音したという。

CM曲として制作された「目抜き通り」だが、その完成度の高さゆえに、この度フルサイズの音源としてリリースされることになった。

椎名林檎とトータス松本「目抜き通り」は、4月20日(木)から各主要音楽配信サイト、サブスクリプション型配信サービスで配信される。



椎名林檎とトータス松本「目抜き通り」
2017年4月20日(木)配信
iTunes レコチョク
EMI




音楽アプリ「スマホでUSEN」の14日間無料試聴はこちら



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play