tpcs_161111_alexandros_main

トピックス
2016.11.11

[Alexandros]、六本木ヒルズアリーナのフリーライブに3,000人のファンが集結!

ニューアルバム『EXIST!(イグジスト)』を発売したばかりの[Alexandros]が、11月10日、六本木ヒルズアリーナでフリーライブ「[Alexandros]『EXIST!』Launch Party at Roppongi Hills」を行った。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



ニューアルバム『EXIST!』を発売したばかりの[Alexandros]だが、そのリリースイベントとして、11月10日、六本木ヒルズアリーナでフリーライブ「[Alexandros]『EXIST!』Launch Party at Roppongi Hills」を行った。

ウィークデイの夕方にも関わらず、会場のキャパいっぱいの3,000人超のファンが集結し、開演を待つ。

と、黒塗りのショーファーカーに分乗したメンバーが、ヒルズアリーナに降り立った。観客の歓声に迎えられ、庄村聡泰、磯部寛之、白井眞輝、そして川上洋平がレッドカーペットならぬ、“ドロスグリーン”のカーペットを踏みしめてステージに向かう。

ステージ上に4人が揃ったところで、ライブではお馴染みのオープニングナンバー「Burger Queen」をプレイ。続いてニューアルバムから「Girl A」を披露したところで川上がヒルズアリーナを見渡しつつ「路上ライブ、いろんなところでやってきたけど、こんなにチャラいところでやるのは初めてです」と言って笑いを誘いつつ、こちらもニューアルバムからの新曲「ムーンソング」でハイトーンボイスを響かせる。

川上が「Feel like」とタイトルを告げ、イントロのフレーズが流れ出すと、ヒルズアリーナに喜びの声が上げる。GLOBAL WORKのTVCMで早くから話題を集めたナンバーだけに、会場が心地よいグルーヴ感に包まれる。

ここで再びMC。「ラスト1曲。本当は〈Kaiju〉とかめっちゃやりたかったんだけどね」と言いつつ、おもむろに「Kaiju」を披露するサプライズ。「チューニング、全然違うからね。アコースティックスタイルで逆にレアだから」と笑う。

ラストは、アルバムでもトリを飾る「NEW WALL」。会場全体が誘われるようにコーラスに加わると、楽曲のイメージに相応しい壮大なエンディングになった。

[Alexandros] は、11月16日(水)の横浜アリーナ公演を皮切りに、ワンマンツアー「[Alexandros] Tour 2016.2017 .We Come In Peace.」をスタートする。



あれきさんどろす

Photo by 高田 梓

アレキサンドロス

Photo by 高田 梓

あれきさんどろす

Photo by 高田 梓

アレキサンドロス

Photo by 高田 梓

あれきさんどろす

Photo by 高田 梓

アレキサンドロス

Photo by 高田 梓

あれきさんどろす

Photo by 高田 梓

アレキサンドロス

Photo by 高田 梓

EXIST!
[Alexandros]『EXIST!』
発売中
初回限定盤A(CD+DVD)/UPCH-7204/5,800円(税別)
初回限定盤B(CD+DVD)/UPCH-7205/3,900円(税別)
ユニバーサルミュージック


EXIST!
[Alexandros]『EXIST!』
発売中
通常盤(CD)/UPCH-2098/3,000円(税別)
ユニバーサルミュージック


「スマホでUSEN」は150万曲以上! ベテランからニューカマーまで幅広く配信