tpcs_160923_masa_main

トピックス
2016.09.23

還暦を迎えた“ラヴソングの王様”鈴木雅之、バースデーコンサートで超豪華コラボレーション

今年2月にソロデビュー30周年、7月にはアルバム『dolce』をリリースした“ラヴソングの王様”こと鈴木雅之。9月22日、自身の60歳を祝うバースデーコンサートを開催。超豪華なゲストを迎えてのコラボレーションも披露された。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら



7月にリリースされた鈴木雅之のソロデビュー30周年&還暦記念アルバム『dolce』。本作でもアンジェラ・アキ、岡村靖幸、久保田利伸、谷村新司、玉置浩二、松任谷由実、横山 剣ら錚々たる客演陣の参加が注目を集めていたが、60歳の誕生日である9月22日には、渋谷のオーチャードホールにて記念コンサートも開催された。

ファンの熱気に包まれた超満員の会場に鈴木雅之が登場。最新作『dolce』から松任谷由実作詞・作曲の「Melancholia」でコンサートはスタート。続いて玉置浩二が手掛けた最新シングル「泣きたいよ」を披露するとデビューシングル「ガラス越しに消えた夏」を熱唱。

そして4曲目の「最後の恋にさよなら」では、レコーディングにも参加したJUJUがシークレットゲストとして登場。ステージに彩を添える。

さらに「私の願い」では、何と小田和正が登場!小田和正のピアノとコーラスによる奇跡のコラボレーションが実現。ちなみに小田和正は、過去に鈴木雅之の「別れの街」でプロデュースを手掛けている。

また、KREVAが登場するサプライズ!自身が作詞・作曲、編曲、ラップで参加した「Climax」をパフォマンス。

MCでも「”ラヴソングの王様”こと鈴木雅之です。今年でソロ・デビュー30周年を迎えました。そして今日9月22日で私、60歳になりました! そして、今夜は還暦SOULをみんなに届けにやってきました!」と語っていた鈴木雅之だが、ニューアルバム『dolce』の収録曲に加え、自身の代表曲、そしてシャネルズ~RATS&STAR期のヒット曲など全24曲を熱唱し、自らの還暦を祝った。



鈴木雅之『dolce』
鈴木雅之『dolce』
発売中/ESCL-4646/3,241円(税別)/EPICレコード


「SMART USEN」は150万曲以上! ベテランからニューカマーまで幅広く配信

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play