tpcs_160912_yoshioka_main

トピックス
2016.09.12

Nao Yoshiokaの3rdアルバム『The Truth』は“完全世界基準”の名作

米国の大手ソウル・メディアで最優秀新人賞を獲得、またワシントンD.C.近郊で行われた「Capital Jazz Fest」にも出演して、現地の聴衆を魅了したNao Yoshiokaが3rdアルバム『THE TRUTH』を9月21日にリリースする。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



Nao Yoshiokaは、“ソウルの殿堂”と称されるニューヨークのアポロシアターで行われた「アマチュアナイト」で準優勝の上、日本人シンガーとしては異例のトップドッグまで勝ち上がった実力派シンガー。今年6月にはマーカス・ミラーやレイラ・ハサウェイらも登場したアメリカのソウル/ジャズフェス「Capital Jazz Fest」において2万人規模のステージに出演し、観衆からスタンディングオベーションを受けるなど、ソウルの本場アメリカでも高い評価を得ている。それを象徴するように、彼女のデビュー曲にあたる1stアルバム『The Light』に収録の「Make the Change」が、昨年アメリカ国内で最新のソウルミュージックとして大きな反響を呼び、米国最大のソウル専門WEBサイト“SoulTracks”で2015年の新人賞も受賞している。

こうして世界を舞台に活躍を続ける中で、ネオ・ソウルやフューチャー・ソウルといった先進的で実験的な音楽に触れながら完成させた最新作『The Truth』は、エレガントな色気も放ちながら歌い上げるフューチャリスティックなソウル/R&B作品。テーマは、世界をツアーする中で自らの五感で音楽シーンを感じ、多くのファンやミュージシャンと接して見出した“真実”=“最高の芸術は国や人種の垣根を越えて人々を繋ぐ”ということ。 そのテーマの通り、今作では彼女が世界で出会った才能溢れるトップアーティスト達とのコラボレーションが実現。タイトル曲の「The Truth」はネオ・ソウルの代表格であるエリカ・バドゥやジル・スコットなどに楽曲提供をし、グラミー賞ノミネート経験も持つカーリ・マティーンがプロデュース。更に「I Love When」ではアリシア・キーズやニッキー・ミナージュなどへ楽曲提供をするミュージックマン・タイと共作。ソウル、ジャズ、R&B、ファンクなどのルーツを匂わせつつ、世界で活躍するプロデューサーたちの感性を取り入れ進化した”完全世界基準”のソウル/R&Bを体現した。

なお彼女はアルバム『The Truth』のリリースに伴うツアー「The Truth Japan Tour 2016」を10月から開催。ファイナルとなる東京公演は初となる赤坂BLITZで、これまでで最大規模となる単独公演だ。

ライブ・ツアー情報はこちら

Nao Yoshioka「The Truth(Trailer)」はこちら
Nao Yoshioka 「I Love When」はこちら

画像
Nao Yoshioka『The Truth』【通常盤】
9月21日(水)発売/YCCW-10285/2,700円(税別)/YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
画像
Nao Yoshioka『The Truth』【タワーレコード限定盤】
9月21日(水)発売/YCCW-10286/2,700円(税別)/YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS


「スマホでUSEN」は洋楽・邦楽問わず幅広く配信中

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play