tpcs_160708_glimspanky_main

トピックス
2016.07.08

GLIM SPANKYの新曲「闇に目を凝らせば」が湊かなえ原作の映画『少女』主題歌に決定

7月20日(水)にリリースされるGLIM SPANKYの2nd『Next One』からの新曲「闇に目を凝らせば」が、湊かなえ原作の映画『少女』主題歌に決定した。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら

7月20日(水)にリリースされるGLIM SPANKYの2nd『Next One』からの新曲「闇に目を凝らせば」が、湊かなえ原作の映画『少女』主題歌に決定した。

同じく『Next One』からの新曲「怒りをくれよ」も7月23日(土)公開の映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に抜擢されているGLIM SPANKY。『少女』は湊かなえ原作、累計100万部のベストセラーを映画化。『アオハライド』の本田 翼、『貞子VS伽椰子』の山本美月という旬の女優ふたりが共演、監督は『しあわせのパン』、『ぶどうのなみだ』の三島有紀子。GLIM SPANKYのライブを見て惚れ込んだという三島監督が主題歌をオファーしたそうだ。

GLIM SPANKYの松尾レミは「私の得意な真夜中の幻想の世界を歌にしました。監督から“映画の終わりに流れる時、映画が続いている様な緊張感を持たせて欲しい、GLIM SPANKYも登場人物の一人だから”というメッセージをいただき、作り込みました。アヴァンギャルドな弦を入れたり、ドラムのサウンドをサイケデリックに広がりを持たせたりして、遊んだ1曲です」と語り、亀本寛貴は「監督からかなり詳細な要望をいただいて作りました。主題歌というより映画本編の一部のような楽曲になったと思います」とコメント。

また、三島監督は「初めてVelvet Theaterを聞いた時、しびれる声と歌詞の文学的世界に心えぐられました。GLIM SPANKYのお二人には、“この映画のキャストの一人となって、終わりなき夜の綱渡りを続けながら、うまくまとまらない憂いと力強さを歌ってくれ。ポップはいらない。あくまでグリムのロックとブルースの世界で”とお願いしました。この歌が流れる青春映画を生むことができて、最高に幸せです。グリム!ありがとう!」とコメントしている。

新曲「闇に目を凝らせば」は、7月20日(水)発売の2ndアルバム『Next One』に収録。7月8日(金)先行配信される。



少女

『少女』
http://www.shoujo.jp/
10月8日(土)公開
出演:本田 翼、山本美月
監督:三島有紀子
原作:湊かなえ

GLIM SPANKY『Next One』【初回盤(CD+DVD)】
GLIM SPANKY『Next One』【初回盤(CD+DVD)】
7月20日(水)発売/TYCT-69104/3,700円(税別) /Virgin Music


GLIM SPANKY『Next One』【通常盤(CD)】
GLIM SPANKY『Next One』【通常盤(CD)】
7月20日(水)発売/TYCT-60086/2,700円(税別)/Virgin Music


「SMART USEN」は150万曲以上! だからJ-POPが充実!

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play