sp_150821_guitar_03_main

特集
2015.08.21
ギターが作る音楽の世界

ギター・コレクションの世界

8月の特集テーマは“ギター”。三回目&最終回には、自身のコレクションをまとめた書籍を出版するなど、これまで数多くのギターを所有してきた野村義男さんにご登場いただきます! ギターにまつわる素敵で面白いお話をたっぷりと、音声版と共にお楽しみください!

第三回
ギター・コレクションの世界

ギタリストとして長いキャリアを持ち、数多くのアーティストのレコーディングやツアーに参加している野村義男氏。先頃、自身が所有するギターを集約した一冊『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION』を刊行。誰もが認めるギター好きである野村氏とギターとの付き合いは、想像とは異なる始まりだった。
「ギターをやっていた姉の影響で、強制的に触れるようになったのが小学校5年生の頃。ギターに興味があったわけでもないし、楽器なんてやりたくもなかったんですけど、隣の部屋から常にジャカジャカ聴こえてくる状況で、単に“姉ちゃんを超えたい!”ってだけで始めました。しかも “いつの間にか”姉より弾けるようになりたくて、内緒でコソコソ練習してましたね(笑)。それが2年くらい続いて、その間に姉はギターを弾かなくなっていたんですけど、僕は今度、中学に入ってエレキギターの存在を知ったんです。ネックが細くて弦も柔らかいのでフォークギターより弾きやすいし、しかも、なんて美しいデザインなんだろうって思った。せいぜい2〜3種類しか形がないフォークギターに比べたら、すごく自由な感じがしたんですよね。それを今日までずっと引きずってる感じです」

前出の写真集に紹介されているコレクションは約350本だが、これまでに600本以上は手にしているという。
「僕の場合、必要な音に応じてギターを買うんです。それこそデビューした当時は、12弦ギターが必要だよとか、ダブルネックが必要だよとか、太い音がするギターが必要だよとか、その度に買ってました。好きな音を出すために、エフェクターを使うってこともしないんですね。太い音が必要なら太い音が出るギターを探す。そんな感じでやってきたので、こんなに増えちゃった(笑)。これまで相当な本数を手にしては手放してます」

手元に残すかどうかの判断は、ズバリ「好きか嫌いか、それだけ」とのこと。そんな野村氏はギターの買い方もユニークだ。
「基本的に欲しいと思ったものを買う。その時に音は関係ないんです。むしろ、“このギターはどういう音がするんだろう?”って段階で買っちゃう」

「9割方は衝動買い」というギターは、質、量ともに十分なコレクションかと思いきや、ご本人的には「欲しいギターはまだまだいっぱいある」そう。
「持ってないもの、本でしか見たことがないものに出会っちゃったら、だいたい買ってますね。楽器屋さんでもネットでも、いま買わなかったら二度と会えないというのがいっぱいあるので。でも、A級ならA級だけ、B級ならB級だけっていう本物のコレクターに比べたら、僕はその全部をかいつまんで、散らばったコレクションをしている。もちろん高いギターもありますけど、強烈に安いギターもあります。ギターのすべてが大好きなので、しょうがないんですよね。とりあえず手元にあるお金は全部ギターになっちゃう(笑)。子どもの頃に好きだ!と思ったことを、そのまま続けてたらこうなったって感じですね。本当、ギターバカボンなんですよ」
(つづく)

【プロフィール】
野村義男(のむら・よしお)
1983年にTHE GOOD-BYEのメンバーとしてデビュー。ギタリストとして様々な活動を続け、ギタリストとしてはもちろん、音楽プロデューサーとしても幅広いジャンルで活動する。世良公則とのユニット「音屋吉右衛門」のニューアルバム『オトコノウタ』が8月26日に発売。そのほかにも、Tenpack riverside rock’n roll bandやU_WAVEなどで活躍中。

「太い音が必要なら太い音が出るギターを探す。だから、こうなっちゃうんです」

「太い音が必要なら太い音が出るギターを探す。だから、こうなっちゃうんです」

『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION』
『野村義男の“思わず検索したくなる”ギター・コレクション YOSHIO NOMURA GUITAR COLLECTION』
リットーミュージック
2,200円(税別)

音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)『オトコノウタ』
音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)『オトコノウタ』
MUCD-1325
DREAMUSIC・
2,857円(税別)



〜SPECIAL PRESENTS〜
ガールズバンドのギタリスト

最近、人気と実力を備えたガールズバンドが増殖中。男性より小柄で体力が劣るにもかかわらず、パワフルなサウンドを響かせる彼女たち。そんなガールズバンドのギタリストに、ギターに関するあれこれを伺いました。

from YUI(Cyntia)

質問1)ギターを始めたきっかけは?

友達にバンドをやろうと誘われ、たまたまやってと言われたのがギターだったから。ちなみにフライングVを選んだ理由は、楽器に全く無知ながら雑誌で初めてフライングVを見た時 “貴方には私しかいないっ??” とそのVが言っているように聞こえたからです。

質問2)いちばん最初にコピーした楽曲 その理由と感想

L’Arc-en-Cielの「虹」
バンドをやろうと誘ってくれた友達がL’Arc-en-Cielが大好きで「虹」をコピーしたいと言ったからです。スコアを見ながら押さえた弦を弾いてみると、CDから聴こえてくる音と同じ音が出る事に感動しました。そこからすぐギターや音楽に夢中になりました。

質問3)好きなギタリストとその理由

Michael Schenker、Gary Moore、Randy Rhoads、清水昭男
彼らは、音もフレーズも生き方もハートも唯一無二のギターヒーローです。感情豊かにエモーショナルにギターの旋律が泣くのを「歌心」という言葉に例えると、「ギター心」のようなものを感じるギタリストたちです。

YUI

ガールズ・メタルバンド、Cyntia (シンティア)のギタリストYUI

<Information from Cyntia>
渋谷WWWにて、CYNTIA 初の2部制ワンマンLIVE「NIGHT AND DAY」開催決定!
DAY(アコ—スティック)、NIGHT(エレキバンドセット)
【開催日】
1ST 2015年8月22日(土)
2ND 2015年9月25日(金)
3RD 2015年11月1日(日)
チケット詳細は、こちらから→http://www.cyntia.jp





from すぅ(Silent Siren)

質問1)ギターを始めたきっかけは?

姉がバンドをしていて、その姉がギター&ヴォーカルをやっていて、同じことをしたかったから。ギター1本で曲になることに感動しました。

質問2)いちばん最初にコピーした楽曲 その理由と感想

THE BLUE HEARTSです。コードだけだったから簡単でした。曲になって嬉しかったです。

質問3)好きなギタリストとその理由

特にギタリストで目標にしている人は居ません。でも歌いながら、かっこよくギターを弾く人はすごく素敵だと思います。私も憧れられるような存在になりたいです。

すぅ

略称「サイサイ」のVo&Gt担当「すぅ」、青文字系読モ出身の吉田菫。

<Information from Silent Siren>
MTV「MTV81 Artist to Watch」に出演
8月29日(土)AM8:00~8:30
(O.A後にWebにUP、リピート放送あり)
http://www.mtv81.com/videos/artist-to-watch/
8月1日(土)に出演したROCK IN JAPAN FES2015に密着!