sp_160523_fankiy_main

特集
2016.05.27
ファンキー加藤インタビュー

『サブイボマスク』主題歌「ブラザー」制作秘話とファンキー加藤の現在地

映画『サブイボマスク』主演、そして主題歌も手掛けたファンキー加藤が語ってくれた、主題歌に託された熱い思い、そしてファンモン後の、ソロアーティストとしての現在地。

<PR>
「ファンキー加藤&FUNKY MONKEY BABYS」特集
「スマホでUSEN」で配信中(7月15日・正午まで)

『サブイボマスク』主題歌「ブラザー」制作秘話とファンキー加藤の現在地

——「ブラザー」はクランクアップ後に書いたんですよね

もともと撮了後に作りたいと思っていて。それは現場での経験とか感じたことを楽曲に落とし込みたかったからなんですが、今回はすっと詞も出てきて、僕にしては結構安産な方だったと思います。テーマも明確だったし、曲調も詞の世界観も滞りなく。それはやっぱり、映画の現場でみんなのパワーをもらったっていうのもあると思うし、クランクアップの日、打ち上げをやって、そこでみんなに「主題歌頼むよ!」って言われて、その熱量がこもってるんじゃないかなと思います。現場を目の前で見てたから、中途半端なもんは作れねえな!って思いましたもん。

——カップリングの「あの夏のカクテル」のレイドバック感が意外でした

ですよね。「ブラザー」も「勇者のうた」もそうだし、その前の「中途半端なスター」も、何て言うか、テンション高いし、こう拳を固めて歌う感じなんで、ちょっと疲れちゃって(笑)。「応援もしない、メッセージも込めない、リラックスした曲作ってもいいですか?」って。まあ、ふだんリラックスしたいときなんかは、ジャック・ジョンソンとかサーフミュージックを聴くことが多いし。だけどそういう曲をファンキー加藤が歌うのはどうなんだ?って思う部分が今まではあったんですよね。今回はカップリング曲ってこともあって思い切って実験してみようと。そしたら、面白い感じにハマったかな。ソロになってある意味身軽になったのかわからないけど、力が抜けてたから出てきた曲だと思います。まあ俳優業に挑戦しようと思ったのも身軽になったからだろうし。いずれにせよ、ふと思いついたことをかたちにしやすいっていうか、フットワークがよくなりましたね。

——ファンモン解散後の壁っていうか、難しさを感じていた時期があったと思うんですが

いやー、ありました!ありました!やっぱりね、ふとした瞬間に振り返っちゃう感じ。ファンの人たちもそうだったと思いますし。しばらくそういう時期がありましたね。だけど2015年の前半に、全国39ヵ所44公演ってFUNKY MONKEY BABYS時代にも経験したことがない本数のツアーをやり切って、それでソロミュージシャンとしての自覚とか自信を手にした感覚があって。その後の『ZIP! 夏まつり』あたりで、吹っ切れたというか、ソロミュージシャン、ファンキー加藤として堂々とステージに立てるようになりましたね。

——沖縄国際映画祭も終わって、次の大きなライブは7月だからちょっと間がありますね

そうですね。ただあんまりね、休みたくないっていうか、立ち止まったりはしないかな。一気に休むと逆に体調崩しちゃうんで。全力疾走はしないけど、競歩ぐらいで進む感じ。やっぱり歌うのが好きだし、音楽を生業にするのが昔からの夢で、今はその夢の延長線上にいるわけだから。何かしら仕事をしていないと落ち着かないんで……とか言いつつ、事務所では愚痴ったりするんですけどね。「ちょっと疲れたなー、レッドブル欲しいなー」って(笑)。まあ、夏も近いんで、フェスとかね、今年は結構アグレッシブに行こうかなと。

——“今年も”でしょ?夏は毎年アグレッシブじゃないですか!

ははは!“今年も”アグレッシブに行きます。フェスの稼動もぼちぼち発表されるんじゃないかな?

——やっぱりファンは夏の青空の下でファンキー加藤のステージを見たいですよ

そうですか?いやー、でも俺ってただでさえ暑苦しいし、暑がりだし、そんなんで暑い夏に歌ったらマジ倒れそうになるんですよね(笑)。でも、ばっちりやりますよ、夏フェス!



<PR>
「ファンキー加藤&FUNKY MONKEY BABYS」特集
「スマホでUSEN」で配信中(7月15日・正午まで)



ファンキー加藤05

(C)サブイボマスク製作委員会

『サブイボマスク』
sabuibomask.com
日本中、どこにでもある田舎町。人影まばらなシャッター商店街。ほとんど死にかけた地元に何とか笑顔を取り戻そうと、熱血青年団員の春雄はある日、覆面レスラーだった父の形見をかぶり、ミカン箱の上で立ち上がってマメカラ片手に“1人ライブ”を始める。感動で“心のトリハダ”を呼び覚ます謎のシンガー、その名もサブイボマスク!

6月11日全国公開
出演:ファンキー加藤、小池徹平、平 愛梨、温水洋一、斉木しげる、いとうあさこ、小林龍二(DISH//)、武藤敬司(特別出演)、大和田伸也/泉谷しげる
監督:門馬直人
脚本:一雫ライオン





■ファンキー加藤 LIVE INFO

JOIN ALIVE 2016   >>>>  2016年7月17日(日)出演

音楽と髭達2016-C’mon OTOHIGE-   >>>>  2016年8月27日(土)出演

宗像フェス~World Heritage Munakata~   >>>>  2016年8月29日(月)出演

イナズマロック フェス 2016   >>>>  2016年9月17日(土)出演

ファンキー加藤「ブラザー」初回生産限定盤
ファンキー加藤「ブラザー」初回生産限定盤(CD+DVD)
6月8日(水)発売/MUCD-9099/1,667円(税別)/DREAMUSIC・


ファンキー加藤「ブラザー」通常盤
ファンキー加藤「ブラザー」通常盤(CD)
6月8日(水)発売/MUCD-5329/1,000円(税別)/DREAMUSIC・
1.ブラザー(映画『サブイボマスク』主題歌)
2.勇者のうた(2016 TBS系列プロ野球中継 SAMURAI BASEBALL テーマ曲)
3.あの夏のカクテル

■DVD収録内容
「ブラザー」MV
「ブラザー」MV メイキング映像
漢への道 番外編〜プロレス編〜
サブイボマスク「春雄の唄/かけがえのない人」
サブイボマスク「春雄の唄/かけがえのない人」ローソン・ミニストップLoppi限定リリース
5月26日(木)発売/DXD-5033/741円(税別)/DREAMUSIC・
※期間限定完全予約販売のため、現在は予約終了しました

1.春雄の唄(映画『サブイボマスク』劇中歌)
2.かけがえのない人(映画『サブイボマスク』劇中歌)


「ファンキー加藤&FUNKY MONKEY BABYS」特集
「スマホでUSEN」で配信中(7月15日・正午まで)

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play