sp_170317_keytalk_02_main

特集
2017.03.17
首藤義勝&八木優樹に訊くKEYTALKの現在地

KEYTALK『PARADISE』インタビュー後編―ソングライティングの妙

4thアルバム『PARADISE』をリリースするKEYTALK。2週に渡ってお届けするインタビューの後編では、メンバーそれぞれの作家性や影響を受けた音楽について、前編に続いて首藤義勝と八木優樹に語ってもらった。

<PR>
「スマホでUSEN」のKEYTALK特集は4月7日(金)まで!
14日間無料お試しはこちら



――そもそもKEYTALKの曲作りって面白いですよね。セッションじゃなくて、メンバー各々がDTMで作るという手法は以前から?

首藤義勝(ボーカル&ベース)「いや、もともとはセッションで、曲をフル尺で作った後に、メロを乗せて、それで最後に歌詞を乗せるみたいな感じでした」

――それが各自で作るようになった理由って?

首藤「最初の頃も、そういう部分があったんです。インディーズ時代のEP「KTEP」に入っている「エイミー」という曲を作っている頃から。おそらくみんなでセッションしている時間に、メロとか出て来ないから、家でやった方が効率的なのかな?っていう、それぐらいの理由だった気もするんだけど」

八木優樹「そういう感じだった。うん」

――インディーズ期の最後くらいだと「これ、元のデモも相当エグいよね」っていう曲ばかりで(笑)。

首藤「一番作り込んでた時期かもしれないですね」

――「これ人間が演奏するのか?」というデモといえば?

首藤「「MATSURI BAYASHI」(笑)」

――最近の曲じゃないですか。

首藤「ベースに関してはスラップが入ってたんですけど、人間には弾けないスラップが入ってて、“あ、多分ここでスラップを弾いて欲しいんだろうな”って解釈してやったんですけど。まあ、打ち込みのデモはドラムが苦労することが多いんですよ」

八木「手が3本ないとできないデモとか、巨匠(寺中友将)の曲に多いんですけど(笑)」

首藤「手3本系、多いよね」

――小野(武正)さんのギターは、音源でもライブでもフレーズが多彩だと思いますが、デモはどうですか?

八木「入ってますね。リズムとギターパート。逆にベースが入ってない曲が多いですね」

首藤「あんなにベース好きなのに(笑)」

八木「10曲に1曲ぐらいは入ってるんですけど、ほぼ入ってないですね」

――ところで、ニューアルバムのリード曲でもある「Summer Venus」のミュージックビデオを見ましたが、相当おかしいですね。

八木「笑ってくださればこれ幸い(笑)」

――パリピの部分の方が多くないですか?

首藤「コマ割り的には7:3ぐらいでパリピですね」

――「Summer Venus」はどうやって作ったんですか?

首藤「そうですね、あのEDM……」

――“あのEDM”って(笑)。EDM的なパートがあるという意味ですね。

首藤「はい(笑)。と、爽やかなサビを混ぜるっていうのは元からあった案で、デモも何回か作り直して、すごく爽やかなAメロから始まるようにしようって最終的に決めて、そこからバンドで練っていった感じです」

八木「最初のデモはもっとダンス寄りだったんですけど、第二形態は爽やかなイントロにAメロが付いててって感じでしたね。なんだろ……最初はもっとクラブっぽいイメージでした」

――首藤さんのEDMとの距離感というか、そもそも何がきっかけで好きになったんですか?

首藤「アーティストでいうとスクリレックスから入ったんですけど。なんで好きか?って言われると難しいですね」

――どちらかというとロックバンドもやってる人のエレクトロって感じですね。スクリレックスは。

首藤「ああ、そうですね。もともとバンドマンですよね。でも、スクリレックスは、バンドでやろうと思っても出せない音が容赦なく襲いかかってくる、そういうイメージですかね。何となく自分がやってないもの、知らないものだからかっこよく聴こえるみたいな」

――この曲が表してる今のKEYTALKってなんだろうなと思って。

首藤「んー……楽しい、面白いですかね、この曲に関しては」

――KEYTALKは楽しい、面白いって言われがちだと思うんですけど、「あなたが思ってる“楽しい、面白い”を上回っていきますよ」っていうのが今のKEYTALKなのかなと思うんです。

首藤「ああ、なるほど、いい表現ですね。「Summer Venus」に関しては完全に新しい遊びを提示してますね」

――KEYTALKの4人が書く曲の主人公はみんな青年だと思うんですよね。その青年たちの日常か変身願望なのか……

八木「どっちだろう……」

首藤「巨匠は結構、自分についての歌詞が多いと思います。で、その歌詞に共感する人がいるっていう、ある種、理想的だと思うし、アーティストっぽいなとも思いますね」

――巨匠はシンガー・ソングライターっぽいですよね。

首藤「そうですね」

――八木さんはロック担当という気がするし。

八木「そうですね(笑)。簡単なものをかっこよくやれたらという気はしてます」

――小野さんはなんなんでしょうね?

首藤「そうですね……小野さんは科学者ですかね」

八木「マッド・サイエンティスト(笑)。タケ(小野)は、アルバム通して聴いてると義勝や巨匠の新しい面をうまく出してるなって気はしますけどね。狙ってるのかはわからないですけど。たぶん義勝や巨匠が作らないタイプの曲だったりメッセージだったりするんで、彼らの魅力を増やしていけてる科学者だと思います」

――で、全体が出来上がってみると役割がはっきりしてるなあと思うと同時に新しいなあとも思います。

首藤「アルバムならではっていう気はしますね。たくさん遊べたんで、まさにパラダイス(笑)。もっと曲数が少なかったら違う形になっていたと思いますけど」

――TVなんかだと「踊れるロック」なんて紹介されがちですが、もちろんそういった要素もありますけど、そうではない要素もアルバムにはいっぱいあって。

首藤「裏切っちゃいますね、たぶん。まさか「ミルクティーは恋の味」が入ってるとは思わないでしょう」

――いや、でもメロディーは首藤節ですよ。デビュー時に首藤さんのサザンオールスターズ好きの話をしましたよね。音楽的にいうとどういう存在として捉えていますか?

首藤「なんなんですかね?音楽というか、もはや概念みたいになってますね(笑)」

――概念?

首藤「なんでしょうね?……青春かな。あらゆる世代の人の青春になりすぎてる(笑)」

――KEYTALKも青春になりたいですか?

八木「とてもなりたいです」

首藤「どうやったらそうなれるのか(笑)」

――ラジオで 桑田佳祐さんが面白いこと言ってたんですよ。“40になったら不惑っていうじゃん?迷わなくなるっていうじゃん?でも俺は一生迷ってたいんだよね”って。

首藤「おー、深いっすね」

――“落ち着きたくないんだよ、どれにしようかな、あれにしようかなってずっと迷っていたい”みたいなことを話していて、彼の音楽って、そうだなと。

首藤「まさに。なんか救われますね(笑)。ちょっと迷ってきたんで」

――さて、KEYTALKのメジャーデビュー以降の曲が「スマホでUSEN」で聴けるようになったので、あえてKEYTALKビギナー向けの推し曲を。

八木「うーん……「オーサカサンタン」(笑)」

――その心は?

八木「メロディーの切なさだったり、言葉遊び感だったり、拍子がちょっとおかしかったり、KEYTALKの持ってる要素がわかりやすく感じてもらえるのかなと。とても聴きやすいですし」

――首藤さんは?ビギナー向けでもいいですし、実はこれがいいんだよ!的なレコメンドでも。

首藤「うーん……「B型」でお願いします(笑)」

八木「渋っ!その心は?」

首藤「今、真っ先に思い浮かんだから(笑)。いや、かっこいいと思います。知らない人が聴いても。バンドサウンドだし、これで好きになってくれると嬉しいですね」

――もうすぐツアーも始まりますし、まずは予習も兼ねて浴びるように聴いてもらいますかね。

首藤「ぜひ!あ、でもこれ、ライブで「B型」やらなきゃいけなくなるじゃん(笑)」

八木「あー、ふつうに『PARADISE』から選べばよかったね(笑)」

(おわり)

取材・文/石角友香



<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



KEYTALK『PARADISE』
初回限定盤A(CD+DVD)/VIZL-1123/3,800円(税別)
※ライブDVD「KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生~『先生!義勝君の給食費がありません!』~ 2016.7.14 at STUDIO COAST」付属

初回限定盤B/VIZL-1124/3,800円(税別)
※ドキュメントDVD「KEYTALK Activity Report Documentary 2016」付属
Getting Better Records


KEYTALK『PARADISE』
通常盤/VICL-64718/2,900円(税別)
Getting Better Records


「スマホでUSEN」のKEYTALK特集はこちら!



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play