main

encoremode
2019.08.21

新開発ソールでトラッドとイノベーションを融合したフット・ザ・コーチャー

シューズブランド「foot the coacher(フット・ザ・コーチャー)」による新開発のソールをはじめ、20年春夏コレクションの一部をご紹介。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



マニアックなレザーシューズで定評のある「foot the coacher(フット・ザ・コーチャー)」。

20年春夏は、踵に耐摩耗性を持たせた素材を使い、さらに溝を入れて屈曲性を良くした新しいソール「フレックソール(FLEXOLE)」を開発したシリーズを出す。オーセンティックなセメント製法のレザーシューズをベースにDカンなどでパンクテーストを出したディテールも遊び心をくすぐる。小売価格は52,000~54,000円(税別)。

「フレックソール」シリーズ。Dカンでパンクっぽさも演出

新開発のフレックソール(右)



また、夏らしいエンジニアードブーツなどをカットオフしたようなサンダルクロック5型もレザーの質感やスタッズにより、ロックテーストを醸し出す。セメント製法だが、グッドイヤー製法に見えるステッチワークで凝った作りとなっている。

サンダルクロックは38,000円から。スタッズ物は44,000円。



さらに夏らしさを加えたのがエアソールタイプの「ルフトソール」シリーズのホワイト。菱形のエアポケットによりクッション性を高めたソールだが、白という爽やかな色目が加わることで、軽やかさが増した。シルウェスト製法のプレーントゥが44,000円、ウィングチップが46,000円。

ルフトソールにはウィングチップ(左)もラインナップ

「ルフトソール」シリーズのホワイト。菱形エアポケットがクッション性を高める



伝統的なレザーシューズ作りに機能性とストリート感を加味して、バリエーションを広げるフット・ザ・コーチャーの春夏に注目だ。



取材・文/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)
写真/久保雅裕





「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play