main1

encoremode
2019.07.31

MAGOのLA旅日記 Vol.1――西海岸の最新事情を見たり、食べたり、買ったり、覗いたり。 

アメリカ ロサンゼルスの最新事情を、ビームス創造研究所長シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義さんによるダイアリー形式で全4編に渡ってお届け。第1弾は、南馬越さんお気に入りのグルメスポットなどをご紹介。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



仕事柄いろんな国、いろんな都市に行かせてもらっているのですが、LA(ロサンゼルス)はいちばん好きって言っても過言じゃないな。いつ行っても新しいモノ、面白いモノがあって、刺激的で、ちょっとユルい感じもあるし、とにかく楽しめて、仕事にもなる良い都市なので、1年に一回は必ず行ってネタを仕込んできます。今年も、この6月に行ってきたばかりなんだけど、久保さんからのオファーで、そんなMAGO FAVORITE PLACE であるLAの最新事情をダイアリー形式でご紹介しちゃいます。

6月17日

LA到着!パスポートコントロールを通り、バゲージをピックして時間は午前11時。コーディネーターのスティーブが迎えてくれて、まずは腹ごしらえ。空港から近めのマンハッタンビーチにあるショッピングモール「THE POINT」 へ。ここはダイニングが充実のモールだそうで、その中でも全米16都市に展開している人気のヘルシー志向なレストラン「TRUE FOOD KITCHEN」でランチをすることに。旬な食材を使ったメニューに力を入れ、ビーガン、ベジタリアン、グルテンフリーのメニューが豊富なレストラン。ここでは、おススメのグリルチキンとケールのサラダのプレートをオーダー。もりもりのケールサラダ、かなり大きめのラップで食べきれるかなと思ったんだけど、全然余裕。ケールをわしわし食べるとなんだかポパイ気分。グリルチキンもしっかりした味付けでペロリでした。空港から直行で、これからあちこち回るのですが、このランチでエネルギーチャージはバッチリって感じで1日を乗りきれそう。

ショッピングだけではなく毎週色んなイベントも楽しめる「THE POINT」

季節のお勧めメニュー「Grilled Chicken Wrap」



ランチの後にモールのショップをチェック。正直、あんまり大したお店が無かったんだけど、1軒だけ、キャンディーとグミ、チョコレートのお店「Sugarfina」だけは良かった。ここもショッピングモールを中心に全米に展開しているみたいなんだけど、ネットで調べるとセレブも御用達のよう。ここの商品は可愛い、お洒落、気が利いている。しかも万人ウケする感じ。日持ちもするし、お土産に最適だね。僕は今回のお土産は全部ここで調達。手提げに2つぐらい買っちゃいました。小さい小さいソフトクリーム型グミとコールドプレスジュースのお店とコラボしたデトックスにも良いかもって感じのグミ。ジュースと同じく何種類もあり、4種組み合わせのセットで15ドルぐらい、小さなボックスにソフトクリーム型グミがみっちり詰まっているのが7ドルぐらいだったかな。

「Sugarfina」

「Sugarfina」の店内

ソフトクリーム型のグミがみっちり

コールドプレスジュース専門店「Pressed Juicery」とのコラボグミ



ランチの後はアボットキニーへ。ヴェニスビーチにあるこの通りは、ここしばらく注目のスポット。小さいけれど面白いお店がいっぱいあった。最近は各都市にお店を持つようなジェネラルな店舗が増えてきてどうかなって思っていたが、まだまだ先端的なお店が出店していて侮れない。昨年、カリフォルニアでは大麻が合法化した。その直後にこの通りに「MedMen」という、まるでアップルストアのようなクールな大麻関連のショップがオープンしていて、これはビジネスとして盛り上がりそうだなと思っていたのだが、今回訪れると更に大麻関連ショップがオープンしていた。「dosist」は、大麻成分を電子タバコ的な器具で吸引する「Dose Pen」の専門店で、各Penの効能は安眠やリラックス、痛みと炎症を抑えるとか僕たちのイメージの大麻よりは健康系のサプリみたいな感じ。店内には、『TIME』マガジンがこのPenは薬の代わりになりえるって評したことがデカデカと張り出されていて、元々医療大麻とかあったので、こっち方面でビジネスが伸びそうだな。日本でも大麻のハイにならない成分のCBDの方は注目されていて、このCBDが入ったオイルを伊勢丹やエストネーションで取り扱っていますね。ハイになる成分は無理だけど、日本のマーケットでもこのCBD関連の方は伸びる可能性があるのかな。

アボットキニーを後にしてホテルにチェックイン。宿泊は定宿の「モンドリアン・ロサンゼルス(Mondrian Los Angeles)」。サンセットの通りという、ちょっと派手な通りにあるスタルクデザインのちょい古めなデザインホテル。旬なホテルも泊まってみたいんだけどバジェットがね(笑)。値段が手頃だし、場所も悪くないのでいつもここです。

大麻業界のアップルストアって感じの「MedMen」

吸引に関してはこの「dosist」のような電子タバコっぽいのがメイン



チェックインした後に向かったのがホテルの並びにある「フレッドシーガル(Fred Segal)」。ここのフレッドシーガルはハイエンドとかラグジュアリーなブランドは無いんだけど、セレクトショップとしては参考になる品揃え。ディスプレイや売り場のプレゼンテーションがセンス良くって、弊社社長の設楽もお気に入りのお店です。

弊社のビームスクチュールも取り扱っています。

均一な什器じゃなくてブランドごとに工夫した商品陳列がユニーク

懐かしのDr. Romanelliのコーナーはこんな感じ

ヴィンテージロックTのコーナー



ここでマーケットリサーチの時間はタイムアップ。LA在住の漫画家、井上三太さんとディナーするために、これまたサンセット通り沿いにあるセレブ御用達のホテル「シャトーマーモント(Chateau Marmont)」にオープンした居酒屋「Chateau Hanare」へ。高級居酒屋って感じで雰囲気も良いんだけど、井上さんと色々お話しができたのが楽しくって、あまり料理の味は覚えてないな。井上さんとは仕事に繋がりそうなお話しができて、出張の初日で既に撮れ高OK?(笑)

和テイストな暖簾がセレブをお出迎え。「Chateau Hanare」のエントランス

LA!和食!とくれば、もちろんカルフォルニアロールをオーダー

1年前にLAに移住した井上三太さん(写真右)。とても気さくな方でした



(つづく)

取材・文/南馬越一義(ビームス創造研究所長シニアクリエイティブディレクター)
写真/南馬越一義



株式会社ビームス
ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクター
南馬越一義





[  MAGOのLA旅日記 Vol.1  ]|[  Vo.2  ]|[  Vo.3  ]





「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play