mode_tp_190712_main01

encoremode
2019.07.12

2020年春夏パリ・トレードショー Vo.2――ショールーム・トーキョー.、ポリーキング、ラキッチ・ショールーム、パークス・ショールーム、デューン・ショールーム編

前後編でお届けする2020年春夏シーズンのパリメンズ・ファッションウィークの会場レポート。後編は、ショールーム・トーキョー.、ポリーキング、ラキッチ・ショールームなどのショールームに出展した日本ブランドの模様をお伝えする。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



この5年間の推移表とグラフを見ると、明らかにトレードショーのパワーが落ちていることが分かる。
奇しくもトラノイが77%減、マンが77%増という明暗決する数字にはなったが、トラノイの分母が大きかったため、全出展者規模ではなんと4掛けの63%減となっている。ウェルカム・エディションの70ブランドで嵩上げしたとしても、半減という事になる。

これほどまでにトレードショーが落ち込みを見せている理由には、年々値上げされる出展料とそれに見合う受注が取れないというアンバランスの拡大が大きな要因だ。ショールームに鞍替えして成果を上げているブランドも無い訳ではないが、総じて卸市場全体が厳しくなっているというのも遠因となっている。
グローバルSPAの市場席巻とEC直販の拡大はまだ暫く続くと見られ、「新興国を除く卸市場の減少には未だ歯止めかからず」といった印象を強く持った。

さてそんな中でも、多くの日本ブランドがチャレンジしていた。

東京都/繊維ファッション産学協議会が主催する「東京ファッションアワード」の「ショールーム・トーキョー(showroom.tokyo.). 」には第4回と第5回の受賞11ブランドが出展。 ショールーム・トーキョー.をサポートするラキッチ・ショールーム(LAKIC SHOWROOM)やパークス・ショールーム(PARKS SHOWROOM)、デューン・ショールーム(DUNE intl. SHOWROOM)など日本絡みのショールームも数多く開設されていた。

またロンドンのポリーキング、トゥモローなど有力ショールームにも多くの日本ブランドが参加していることを鑑みると、100を優に超える日本ブランドがチャレンジしていることが窺えた。

ここからはショールーム・トーキョー.、ポリーキング、デューン・ショールーム、パークス・ショールームの各展示会ごとに日本からの出展ブランドを紹介する。




showroom.tokyo.

国内セールスの好調な「チノ(CINOH)」は、渋谷パルコに直営店をオープン予定だ


「デジマ・ショールーム(DEJIMA Showroom)」への送客のため、秋冬を展示した「ジエダ(JieDa)」


ギミックの効いた服を並べる「ノブユキ・マツイ(Nobuyuki Matsui)」


国内有力セレクトショップを押さえた「ポステレガント(POSTELEGANT)」


「レインメーカー(RAINMAKER)」は機能性などのアピールに工夫が必要


ラキッチ・ショールームの営業サポートを受けて臨んだ「アーネイ(ANEI)」


徐々に販路を広げつつある「ディガウェル(DIGAWELL)」


既にショールームのニュースで営業する「クオン(kuon)」


期間中「ヌーパリ(NOUS Paris)」でポップアップを開催した「チルドレン・オブ・ザ・ディスコーダンス(Children of the discordance)」


アウトドア人気の中、注目される「エフシーイー(F/CE)」


ニレ・アップスが営業サポートする「ソーイ・レディ・トゥ・ウェア(SOE READY TO WEAR)」


polly king

マン/ウーマンからショールーム「ポリーキング」に移して2回目となる「スノーピーク(snow peak)」は前回倍増近い好結果だった。


DUNE intl. Showroom

日本のショールームでありながら、海外ブランドを主に扱うデューン・ショールームの中に出展した「ヨウコ・サカモト(YOKO SAKAMOTO)」


LAKIC SHOWROOM

ベテランのデザイナー丸山昌彦による「nude:masahiko maruyama」


ショールーム・トーキョー.を卒業した「ターク(TAAKK)」


無骨なアクセサリーやレザーグッズの「イオロム(iolom)」


原宿ストリートスタイルを発信する「ウィズリミテッド(WHIZ LIMITED)」


PARKS SHOWROOM


小規模ながら日本とパリでショールームを開くパークス・ショールームにはレザーグッズの「エラ(ERA)」、メンズウェアの「キクスドキュメント.(KICS DOCUMENT.)」「スケア(SCAIR)」、シャツの「エス・エイチ(S.H)」、マンにも出展中の帽子の「マチュア・ハ」が参加


エラ


キクスドキュメント.




スケア


エス・エイチ


(おわり)


取材・文/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)
写真/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)



[  2020年春夏パリメンズ・ファッションウィーク Vo.1  ]|[  Vo.2  ]









「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play