modetp_190703_mif_main2

encoremode
2019.07.03

メンズブランドも加えてパワーアップしたモード・イン・フランス展

第47回モード・イン・フランス展が2019年7月24日から26日までベルサール渋谷ファースト地下1階で開催される。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



第47回モード・イン・フランス展が2019年7月24日から26日までベルサール渋谷ファースト地下1階で開催される。今回はメンズブランドが10ブランド参加することが大きな話題となっている。

出展ブランドの内訳は、ウェア、バッグ、アクセサリー、水着、靴などメンズブランド10ブランドで、ウィメンズウェア24ブランド、ランジェリー1ブランド、ジュエリー10ブランド、バッグ、ストール、傘など服飾雑貨7ブランドなど合計44社50ブランド。うち初出展は13社15ブランドでフランスから41社、英国から3社が出展する。

一定のクリエイティビティーをキープしたセレクトゾーン「エスパス・ラベル」には主にメンズブランドを集結させており、その半数は「ピッティ・イマジネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)」にも出展しているブランドだ。

また来年の開催スケジュールも決定しており、2020年2月5日から7日までが2020-21年秋冬コレクション、8月26日から28日までが21年春夏コレクション。会場はいずれもベルサール渋谷ファースト地下1階の予定。


取材・文/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)



French Théo (フレンチ・テオ)
「ロベール・クレルジュリー(Robert Clergerie)」で14年間デザイナーを務め、デザイン部門の責任者にもなったフィリップ・ジャグノが16年にスタート。ワークウェアの機能性と日常の中の詩的な美しさからインスピレーションを受け、ベーシックでありながら耐久性と履きやすさを兼ね備えた靴を生み出している。新作のテーマは、フランス大西洋岸にあるノワールムティエ島のノスタルジックな夏の思い出で、原色を用いた豊かなカラーバリエーションに、夏らしくメタリック加工を施したレザーのベーシックなサンダルが登場する。

Gili’s(ギリズ)
エレガントでカラフルなモチーフが目を引く、メンズとキッズの水着ブランド。ブランドの象徴ともいえるポルトガルの伝統的なタイル「アズレージョ」を始めとするエレガントなデザインと大胆でまぶしいモチーフが異国情緒にあふれている。今季のテーマは「オーストラリア」。ボンダイビーチのサーファーやバイロンベイの波、シドニーのオペラハウスなどを、随所にさりげなくかつ繊細に取り入れたデザインに仕上げた。

Le Mont Saint Michel(ル・モン・サンミッシェル)
1913年創設の老舗ワークウェアで、98年にアレクサンドル・ミランの手によって、都会的なファッションブランドに生まれ変わった。1919年にアレクサンドルの曽祖母がブルターニュのモントランに工場を建設し、現在、ブランドのデザインスタジオは同じ地にあるそうだ。そこには数十年に渡って編み出されたデザインが大切に保管され、それらのモチーフ、グラフィックはコレクションの度に新たなインスピレーション源となっている。

North Hill(ノース・ヒル)
2014年にクリストフ、ミカエル、ジハドの3人が立ち上げたメンズのストリートファッション・ブランドで、最初はアパルトマンの一室からスタートし、その後パリ北部のアーティストアトリエに移り、現在ではモンマルトルの丘のある18区にデザインスタジオを構えるまでに成長した。彼らのこだわりは、デザイン、制作、ルックブックの撮影まで全てスタジオのあるパリ北部で行うことにあり、地元の熟練したアトリエの技術がブランドを支え、街から着想を得て生まれる今の時代感を切り取ったストリートスタイルを提案している。

Ocean Surplus(オセアン・シュルプリュス)
ビアリッツに拠点を持つ「レゴイスト(L’EGOISTE)」のステファン・ガフィーノが2010年に立ち上げたメンズブランド。迷彩、バンダナ、ジプシー、キリム、アロハなどストーリー性のあるモチーフとチノ、帆布、フィールドジャケット、ベストなどの素材やアイテムをミックスさせ、オーセンティックで洗練されたスタイルを表現している。

Olow (オロウ)
2006年にスタートし、自由なエスプリに詩的な魅力をプラスしたアーバンスタイルを提案している。天然素材を選別した高品質な仕上がりのコレクションは、ポルトガルの家族経営の工場で制作されており、どのプロジェクトでも、根幹にある理念は「エシカルであること」。 次々と発表される世界中の著名なアーティストとのコラボレーション作品も注目だ。

Sports d’Époque (スポール・デポック)
ファッションとスポーツを融合したメンズブランドで、ラグビーの本で見た昔のユニフォームに魅せられた兄弟が、当時のウェアを復活させようと2007年に立ち上げたのが始まりだ。現在は、パリのマレ地区にフラッグシップ・ショップを持ち、ユニフォームのレプリカであるレトロなコレクションはもちろん、現代的でありながら、スポーツ史からインスパイアされた刺繍や素材、カッティングなどを取り入れたラインも発表している。

Wattinne Paris(ワティン・パリ)
ブランドのルーツは、ルイ=ジョセフ=グザヴィエ・ワティンがウールの貿易事業を始めた1810年に遡る。世界的な成功を収めた後、息子のルイ=ジョセフは紡績工場を創設し、その後、有名ブランドの販売や織物工場の買収など、幅広い活動を経て、2016年にワティン・パリのメゾンが誕生した。ポロシャツ、スウェットシャツ、クールパンツ、チノパン、ボンバージャケット、トレンチコートなど豊富なアイテムが揃っている。







「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play