mode_tp_190619_main

encoremode
2019.06.19

パリでランデブーが主宰するポップアップストア「FRENCH KISS ASIA」に日本から5ブランドが参加

パリのショールーム「ランデブー(RENDEZ-VOO)」がパリ1区のショッピングセンター「フォーラム・デ・アール(FORUM DES HALLES)」にあるセレクトショップ「レクセプション(L’EXCEPTION)」で、アジアデザイナー16ブランドとフランスの若手4ブランドを集めたポップアップストア「FRENCH KISS ASIA」を開催。

<PR>
「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN



FRENCH KISS ASIAの会場となったレクセプションは、ECからスタートとしたリテールで、2016年、フォーラム・デ・アールのリニューアルオープンと同時にフラッグシップ・ショップをオープン。カフェを併設した明るくヘルシーな内装に可動式ラックでたくさんのデザイナーブランドを扱っており、ライフスタイル・グッズやガジェット系まで幅広い品揃えが特徴だ。13日のレセプションパーティーには多くのプレスや関係者などが訪れた。

FRENCH KISS ASIAの会期は6月14日から30日まで。14日から23日までの前半と、24日から30日までの後半で一部のブランドが入れ替わる予定だ。日本からは国内合同展「ソレイユトーキョー(SOLEIL TOKYO)」がサポートしている5ブランドが出店。前半にレディスウェアの「タージュ(TAGE)」、ユニセックスウェア・アクセサリーの「ネニュファール(N’enuphar)」、コサージュの「ル・シュマン(le chemin)」、コスチューム・ジュエリーの「アミティエ・クレディール(Amitie CREDIR)」が、後半にレザーグッズの「デューレン(DUREN)」が参加。韓国からは「DAILY MIRROR」、「Rinjeon」、「RMD」、「BLA XIII」、インドネシアからは「Wilsen willim official」、「SOE Jakarta 」、「KaulaBL」、ベトナムから「NGUYỄN HOÀNG TÚ」、「Pause.」、シンガポールから「Mashizan」、中国から「COFFEE PSYCHO」の11ブランド、そしてフランスからも「JULIA BELOT」、「TREMBLEPIERRE」、「RUSMIN」、「PLOCUS」が参加した。

ランデブーは、B2CのポップアップストアとB2Bのショールームを組み合わせたイベントを開催してきた実績があり、今回も一般消費者への販売とともにB2Bのマッチングも行っている。


取材・文/久保雅裕(encoremodeコントリビューティングエディター)



経糸を割いたようなシャツのNGUYỄN HOÀNG TÚ

ドットのトランスペアレントドレスはRinjeon

SOE Jakartaの編み込みのトップ

胸元にバイアスのタックを入れたシャツのWilsen willim official

インドネシアのミュージシャンによるライブやダンスパフォーマンスで盛り上がった開催前夜のパーティー

B2B用のサンプルも展示するタージュ

こちらはネニュファール

同じくネニュファールのアクセサリー

革紐のコサージュを出したル・シュマン

アートピースのようなコスチュームジュエリーのアミティエ・クレディール

メタリックペーパーにより紙のような素材感のレザーバッグを出したデューレン

レクセプション店内の様子







「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」by SMART USEN





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play