アイドル名鑑:デビュー年別(1970~1989年)主な女性アイドルとその年の出来事



〜1984年〜

荻野目洋子
「未来航海-Sailing-」
「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」
小学4年生でちびっこ歌番組に出演しスカウトされ、「ミルク」というグループでレコードデビュー。中学3年生の時にはアニメ「みゆき」のヒロイン若松みゆき役に抜擢された。高校1年生の84年に「未来航海-Sailing-」でソロデビュー。85年11月に発売した7枚目のシングル「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」が初めてオリコントップ10入り。彼女最大のヒット曲となった。86~89年まで「日本レコード大賞」金賞を4年連続で受賞した。歌手意外にも、主演を務めた「こまらせないで!」や朝ドラ「凛凛と」など女優としても活動している。女優の荻野目慶子は実の姉。
岡田有希子
「ファースト・デイト」
「くちびるNetwork」
「スター誕生!」出身。84年「ファースト・デイト」で歌手デビュー。この曲は竹内まりやが作詞・作曲。「日本レコード大賞」最優秀新人賞など、この年の音楽祭の賞を総なめにした。86年松田聖子が作詞、坂本龍一が作曲した「くちびるNetwork」でオリコン初登場1位を獲得。「ポスト松田聖子」と期待されていたが、自宅マンションで自殺未遂。病院で治療後、所属事務所が入居しているビルの屋上から飛び降り自殺。18歳の若さで死去した。
少女隊
「素直になってダーリン」
「Bye-Byeガール」
ミホ、レイコ、チーコからなる3人組女性アイドルグループ。シングル「FOREVER~ギンガムチェックstory~」、アルバム『少女隊Phoon』、12インチシングル「ESCAPE」、ビデオ『少女隊Phoon』を同時にリリースしデビュー。85年チーコが脱退し、新メンバーのトモが加入した。85年から秋元康がプロモーションに参加。3枚目のシングル「素直になってダーリン」や「Bye-Byeガール」がヒット。アジアデビューも果たし、当時、日本語の曲が禁止されていた韓国で、戦後初めて放送で日本語の歌を歌った。89年に解散。ちなみに、トモは初代引田天功の娘。現在、少女隊のコンセプトを引き継いだ、2代目少女隊が活動を行っている。
セイントフォー
「不思議Tokyoシンデレラ」
「太陽を抱きしめろ」
82年にダイレクトメール形式のオーディションに応募した約3万人の中から選ばれた4人で結成されたアイドルグループ。デビュー当初は板谷、浜田、鈴木、岩間の4人であったが、後に板谷に替わり、いわお潤が加入した。「不思議Tokyoシンデレラ」で歌手デビュー。プロデューサーは橋幸夫。「太陽を抱きしめろ」がスマッシュヒットした。曲間にバック宙をするなど、これまでの女性アイドルにはなかったパフォーマンスが話題になったが、86年12月に契約上のトラブルから解散。解散後メンバーはそれぞれソロ活動をスタートさせた。いわお潤は本名の岩男潤子として声優活動を行い、多くの作品に出演している。


<主な出来事>
1月9日    日経平均株価が初めて10,000円の大台を突破
1月24日   米アップルコンピュータが「マッキントッシュ」を発表
2月8日    冬季サラエボオリンピックが開幕
3月11日   アニメ映画『風の谷のナウシカ』が公開
4月1日    三陸鉄道が開業
5月12日   NHKが衛星放送を開始
6月1日    第二電電設立
7月28日   ロサンゼルスオリンピック開催
8月30日   スペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げに成功
10月9日   ロサンゼルスオリンピックの柔道無差別級で金メダルを獲得した山下泰裕に国民栄誉賞が贈られる
10月31日  インド首相のインディラ・ガンジーが暗殺される
11月1日   新紙幣発行
11月9日   写真週刊誌「フライデー」創刊


〔  各年代へ戻る  〕