アイドル名鑑:デビュー年別(1970~1989年)主な女性アイドルとその年の出来事



〜1980年〜

岩崎良美
「あなた色のマノン」
「タッチ」
岩崎宏実の実妹。姉と比較されることに悩み89年頃より舞台やドラマなど女優業を中心に活動するも、98年に歌手活動に復帰。08年には岩崎宏実とジョイントコンサートも開催している。
甲斐智枝美
「マーマレード気分」
「スター誕生!」でグランドチャンピオン獲得。歌手としては大成しなかったものの、当時の若者向けのTVドラマに出演し、「見上げればいつも青空」ではヒロインに抜擢された。
柏原芳恵
「ハロー・グッバイ」
「春なのに」
「スター誕生!」出身。徳仁親王(現皇太子の浩宮さま)が柏原のファンであり、立太子前の86年10月には彼女のリサイタルに来場され花束を渡された。御礼として彼女はサイン入りの写真集を贈呈。
河合奈保子
「大きな森の小さなお家」
「ヤング・ボーイ」
「スマイル・フォー・ミー」
「けんかをやめて」
「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」で優勝。自ら作曲を行い、85年リリースのベストアルバム『NAOKO22』にはボーナストラックとして自作曲が収録されている。さらに86年にはすべて自分で作曲したアルバム『Scarlet』を発売。以降自作曲を数多く発表している。
松田聖子
「裸足の季節」
「チェリーブラッサム」
「風立ちぬ」
「渚のバルコニー」
「あなたに逢いたくて〜Missing You〜/明日へと駆け出してゆこう」
「永遠のもっと果てまで/惑星になりたい」
TVドラマ「おだいじに」に“松田聖子”役で出演し役名のままデビュー。80年10月1日発売の「風は秋色」から88年9月7日発売の「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得するなど、まさに80年代を代表するトップアイドルである。アイドル時代には松本隆・呉田軽穂(松任谷由実)コンビの作品が多かったが、90年代に入ると自らプロデュースやシンガー・ソングライターとしての活動も行うようになる(楽曲制作はアイドル時代から行っており、いくつかのアルバムに収録されている)。80年代前半に流行した髪型と言えば「聖子ちゃんカット」だが、本人は82年にはショートカットにしている(ただし、いわゆる82年組のアイドルの多くが聖子ちゃんカットでデビューした)。
こちらのページも参照

松田聖子に松本 隆が与えたもの
松田聖子のアルバム『風立ちぬ』
三原じゅん子
「セクシー・ナイト」
「だって・フォーリンラブ・突然」
元々、女優としてのデビューだったが、歌手としても活躍した。レーサー、介護施設の経営など多彩な顔を持ち、現在は参議院議員として永田町をフィールドとしている。子宮頸がんの闘病歴があり、医療や介護問題への関心を強め、がん撲滅等の啓発活動を行なうようになった。これが政界進出のきっかけと言われている。


<主な出来事>
1月7日    産経新聞が「拉致事件」をマスメディアとして初めて報道
1月16日   ポール・マッカートニーが大麻所持の疑いで逮捕
3月7日    山口百恵が三浦友和と婚約
4月28日   任天堂から「ゲーム&ウオッチ」が発売
5月23日   黒沢明監督の映画「影武者」がカンヌ映画祭でグランプリを受賞
6月12日   王貞治が850号ホームラン
9月17日   ポーランドで連帯結成
9月20日   林家三平死去
10月5日   山口百恵引退コンサート
11月4日   王貞治引退。通算本塁打数868本の世界記録
11月19日  山口百恵と三浦友和挙式
12月8日   ジョン・レノン殺害される


〔  各年代へ戻る  〕