anime

選曲家の声
2017.07.12

SOUND PLANET「日本アニメ主題歌特集」、あなたのベスト・オブ・アニメ主題歌100人アンケート実施レポート

日本で初めてアニメーション映画が公開された1917年(大正6年)からちょうど100年を数える今年、日本のアニメ生誕100周年を記念して、7月1日からUSENのSOUNDO PLANET「A-57 USEN MONTHLY SPECIAL」では、「日本アニメ主題歌特集」を放送中だ。

<PR>
SOUND PLANET「A-57 USEN MONTHLY SPECIAL」
7月の特集は「日本アニメ誕生100周年」



この番組の制作に先立って、USENの番組スタッフは、日本における“アニメファンの聖地”とされる、秋葉原の中央通り、池袋の乙女ロード、大阪日本橋のオタロードの3地点で、「あなたのベスト・オブ・アニメ主題歌」というテーマでアンケート調査を実施した。encoreでは、その実施レポートとして、それぞれの調査エリアで挙がった注目曲を紹介しよう。

あなたのベスト・オブ・アニメ主題歌~秋葉原編

■ μ’s 「それは僕たちの奇跡」(「ラブライブ!」より)

2010年代を席巻した“二次元アイドルアニメ”の象徴的存在。作品に登場するアイドルグループにして、新田恵海、三森すずこ、Pile、徳井青空ら人気声優たちによる実在の音楽ユニットでもあるμ’sは、東京ドームでの単独公演、紅白出場も果たすなど、社会現象ともいえるムーブメントになった。「ラブライブ!」シリーズ第二期オープニングテーマ「それは僕たちの奇跡」は、シリーズ屈指の人気曲。


■ エミリア(高橋李依)「Stay Alive」(「Re:ゼロから始める異世界生活」より)

2016年にリリースされた比較的新しい作品。「Re:ゼロから始める異世界生活」は作品同様に、主題歌の人気も凄まじく、3つの調査エリアとも安定した人気を得た。作曲は、Tridentや東山奈央での作品も手掛けている若手クリエイターのHeart’s Cry。シンプルなバンドサウンドと、エミリアこと高橋李依の透きとおったボーカルが特徴。


■ fhána「青空のラプソディ」(「小林さんちのメイドラゴン」より)

3人のプロデューサーと女性ボーカルのtowanaから成るfhánaは、2013年のデビューから現在までアニソン界でもっとも勢いのある音楽ユニット。2017年の「小林さんちのメイドラゴン」オープニング曲「青空のラプソディ」は、“fhána史上最も明るい曲”でありつつも、異なる価値観を持つ人々が、いかに手を取り合い、共に歩んでいくか?というアニメ作品の重要なテーマも取り込んだ奥行きも感じさせる楽曲。

μ’s 「それは僕たちの奇跡」
(C)2013 プロジェクトラブライブ!

エミリア(高橋李依)「Stay Alive」

fhána「青空のラプソディ」


あなたのベスト・オブ・アニメ主題歌~池袋編

■ Six Gravity「GRAVITIC-LOVE」(「ツキウタ。THE ANIMATION」より)

ニコニコ動画で活躍する人気ボカロPを起用し、楽曲のCDリリースがアニメ作品に先行しながらも人気を博した「ツキウタ。」。アンケートを行った時期に、池袋、名古屋、神戸という3都市のアニメイトでコラボカフェを展開していたため、票数を伸ばした模様。また、Procellarum「LOLV -Lots of Love-」との両A面シングルというフォーマットも効果的に作用した。


■ SPYAIR「イマジネーション」(「ハイキュー!!」より)

「テニスの王子様」のテニス、「黒子のバスケ」のバスケ、「ユーリ!!! on ICE」のフィギュアスケートなどスポーツアニメのブームが訪れている。中でも「ハイキュー!!」は原作の人気、Production I.G制作というブランド力に加えて、ここに挙げたSPYAIRをはじめ、スキマスイッチ、石崎ひゅーい、NICO Touches the Wallsら、J-POPシーンでも旬のアーティストたちがこぞってオープニング/エンディング曲に参加しており、アニメ、主題歌ともに群を抜くクオリティを誇る。

Six Gravity「GRAVITIC-LOVE」

SPYAIR「イマジネーション」


あなたのベスト・オブ・アニメ主題歌~大阪日本橋編

■ LiSA「oath sign」(「Fate/Zero」より)

作品の世界観に通じる荘厳なイントロ、疾走感あふれるメロディーと詞、LiSAのパワフルなボーカルが特徴。インディーズ出身のロックボーカルからキャリアをスタートさせたLiSAだけに、そのライブパフォーマンスも圧倒的で、国内のアニソン系のフェスのみならず海外でのライブも行っている。


■ Six Gravity&Procellarum「ツキノウタ。」(「ツキウタ。THE ANIMATION」より)

キャラクターものの音楽作品としてすでに人気を得ていた「ツキウタ。」シリーズだが、2016年にアニメ作品が放送され、その人気は確実なものに。TVシリーズ最終話のエンディングで流れた「ツキノウタ。」は、グラビことSix Gravity、プロセラことProcellarumのメンバー12人が初めてSix Gravity&Procellarum名義で歌った楽曲。アニメ本編におけるダンスシーンの評価も高く、女性ファンの得票を伸ばした。


■ ワルキューレ「一度だけの恋なら」(「マクロスΔ」より)

2016年9月まで放送されていたマクロスシリーズの最新作「マクロスΔ」の前期オープニング曲。ワルキューレは、作中に登場する女性5人組の音楽ユニットであると同時に、マクロス史上最年少の歌姫JUNNAや、8000人が参加したオーディションから選ばれた鈴木みのりら声優やシンガーからなる実在の音楽ユニット。リン・ミンメイ/飯島真理から続く、作中に登場するキャラクターを音楽シーンにスピンオフさせるマクロスシリーズの、いわば王道的主題歌。

LiSA「oath sign」

Six Gravity&Procellarum「ツキノウタ。」
(DVD『ツキウタ。 THE ANIMATION 第7巻』特典CD)

ワルキューレ「一度だけの恋なら」


SOUND PLANET「日本アニメ主題歌特集」のタイムテーブルはこちら

「日本アニメ主題歌特集」の放送期間は2017年7月1日(土)から7月31日(月)まで