enj_181127_hoop_main2

ピックアップ
2018.11.27

ザ・フーパーズ『FANTASIC SHOW』インタビュー(前編)――アルバムのコンセプト&メンバーの推し曲は?編

ザ・フーパーズの2ndアルバム『FANTASIC SHOW』がいよいよリリースされる。 「シロツメクサ」、「SHAMROCK」、「ヴァンパイアキス」、「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」といったシングル曲はもちろん、アルバムの世界観を象徴する「トロイメライ」、未来のソロ曲「TOMOSHIBI」など新曲にも見どころが多い作品だが、インタビューも盛りだくさんになった。2回に渡ってお届けするインタビュー前編はメンバーの推し曲を選んでもらいました。

<PR>
音楽アプリ「SMART USEN」の「ザ・フーパーズ」チャンネルはこちら!



――アルバムの制作は順調でしたか?

星波「順調でした。レコーディングとかジャケット撮影っていう本格的な制作に入ったのは9月後半からですね」

――えっ!じゃあ実質1ヵ月間ってこと?すごいスピード感ですね。そうか、メンバーのソロ活動もあったりして忙しいですもんね。えーと、ずばり、『FANTASIC SHOW』のコンセプトは?

未来「ずばり怪盗です(笑)。これ、ちゃんとしたコンセプトがあって。前作の「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」は、楽曲やライブでプリンセス&勇者のジュエル=ハート、心をピカピカにする、眠っていた宝石を見出す海賊っていうコンセプトがあったんですが、今度はフーパーズが怪盗になって、そのピカピカになったジュエル=ハートを頂きに参ります!そして奪ったハートはもう返さないぜ!っていうストーリーです」



未来(みらい)→星波(せな)

未来



――「ヴァンパイアキス」はヴァンパイア、「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」は海賊、で今回は怪盗……ノワールなキャラ設定が続きましたね。

未来「キャラ、濃いですよね(笑)」

陽稀「悪いヤツばっかり」

星波「今回、衣装的にはあんまり悪いヤツ感ないですけど。っていうか、むしろぱっと見はマジシャン風(笑)」

――リード曲は?

未来「「トロイメライ」ですね。この曲はチーム対抗戦になってるんです。未来チームと星波チームに分かれてて、未来チームが私、陽稀、Leeで……」

星波「星波チームが私、つばさ、千知、乃愛の4人です」

未来「この2チームでひとりの女の子のジュエルを奪い合うっていう曲なんですよ」

――で、どっちチームが勝つんですか?

千知「それは聴いてくれたプリンセスに決めてもらえれば(笑)」

陽稀「あ、そういうことだったんだ?」

千知「え、違うの?」



千知(せしる)→Lee(りー)

つばさ→陽稀(はるき)→千知



――そこ、設定が甘いな(笑)

全員「ははは!」

――MVはもう撮ったんですか?

陽稀「今回は「Cheers!」でMVを作ったんですけど、ジャケット撮影のメイキング的な映像になっていて――歌って踊ってって感じじゃない――こういうMVは初めてかな。フランスとかイギリス行ったときのロードムービーはYouTubeにあったけど」

星波「あ、そうだね」

未来「でも「トロイメライ」でMVを撮るんだったら、パリとか海外に行ってそういう感じのやつを撮りたいですね。とか言ってみたりして(笑)」

陽稀「この格好で街中歩くのはヤバくない?」

千知「めっちゃ写真撮られそうだね。“誰だこいつら?”って(笑)」

――そういえば「Cheers!」にはi☆Risの澁谷梓希さんが参加してるんですよね?

陽稀「そうなんですよ。ずっちゃんは「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」と「クリアスカイ」、それから新曲の「Cheers!」のレコーディングにも参加してくれて」

――澁谷さんは8月のTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)にも星波さんのピンチヒッターで出てくれて。

星波「そうなんですよ。本当、ありがたいです。欲を言うと、私もいっしょにステージに立ちたかったなあって思いますけど」

――きっとまた共演するチャンスがありますよ。それじゃ、それぞれアルバムからの個人的な推し曲とその理由を教えてください。まずは未来さん。

未来「私は「Don’t know why?」ですね……」

星波「ええーっ!」

陽稀「そっち?」

未来「とか言って(笑)。いや、絶対「TOMOSHIBI」でしょう。ソロライブをやらせていただくようになってから、カバーじゃなくて自分のオリジナル曲が欲しいなってずっと思ってて。しかもこの曲は、私がふだん思ってることとか気持ちがそのまま歌詞になってるように感じているので、すごく大切な曲になりましたね。この曲を推さなかったらどれを推すって話で(笑)。もちろん「Don’t know why?」も好きですけど」

――星波さんは?

星波「先に言っとく。乃愛、ごめんね(笑)。星波の推しは 「Cheers!」です」

乃愛「うそー!被った……でも全然大丈夫」

星波「この曲が送られてきたときは、ふつうに“あ、賑やかな曲だな”くらいにしか思ってなかったんです。私もバラードが好きなので、最初は「Don’t know why?」の方が気に入ってたんですよ。でも、実際、レコ―ディングして「Cheers!」を聴きなおしてみたら、ずっちゃんも入れて、私たち8人で歌うとこんなにイメージが変わるんだって。なんか、みんなでわいわいしつつ、歌詞がかわいいところが好きですね」

――「Cheers!」ってライブで盛り上がりそう。

星波「ぜーったい!盛り上がりますね」

――次、つばささんお願いします。

つばさ「私、自分が歌ってないのに「コイゴコロ」が好きで。なんでだろう?逆に歌えなかったからかな(笑)。なんか振り付けも好きなんですよね。えーと、これメンバー誰だっけ?」

未来「未来、星波、陽稀、千知だよ。メンバー知らないのに好きなの?(笑)」

つばさ「そう(笑)。なんかリハとか見てても客観的にいいなあって思ったんだよね。歌詞も曲調もちょっとせつない恋愛ソングだし、“ああ、私も歌いたいなあ”って完全にファン目線なんですけど」

陽稀「自分もフーパーズ史上最強に好きなのは「Don’t know why?」なんですけど、推し曲としては、「クリアスカイ(New Ver.)」です。この曲のオリジナルは、活動休止中に、ずっちゃんが入ってくれてリリースしたんですけど、自分もこの曲のMVから復帰させてもらって、ずっちゃんもいて、8人でわいわいしながら撮ったあの日のこともすごい思い出しますね。やっぱり曲自体にも思い入れがあるんですけど、今回のアルバムのバージョンでは私の声も入れてもらえることになって、8人で歌っている音源をCDとして残せたってことがすごいうれしいし、それもあって推していきたいなって。歌詞の内容も前を向ける、上を向ける曲だし、自分自身も背中を押してもらった気もするし、“早くみんなのところに戻りたいな”って思わされた曲でもあります」

千知「千知推しは、つばさくんといっしょで「コイゴコロ」です。まず、曲をもらったとき、自分の歌割りがここなんだ?っていう驚きがあって、地声と裏声を使い分けるところがあるんですけど、めちゃめちゃ苦労しました。でも、この曲を披露したときに、ファンの方にすごい褒められたんですけど、耳に残る感じの曲なんだなって。4 rosesの前作「永遠のプリズナー」と較べるとすごく真っ直ぐに歌ってるので。あと、振り付けで、こう、“心”って手振りで書くところがあるんで、ライブのとき、みんなといっしょにやったら盛り上がると思うので、それも楽しみですね」



つばさ→陽稀

Lee



――Leeさん。

Lee「みんなの話を聞いてたらすごく迷ってきちゃったんですけど。んー……私はやっぱり「トロイメライ」かな。初めて聴いたときの曲調がすごく好きだったし、レコーディングもめっちゃノリノリで歌えたので。さっきも言っていましたけど、チーム対抗で歌うのでそれも新鮮でしたし、先日、振り入れもしたんですが、私たちが楽しいのはもちろん、見てる人にも楽しんでもらえる曲じゃないかなって思ってます」

――「トロイメライ」ってアルバムでいうと、ちゃんと1曲目っぽい曲調ですよね。

星波「うんうん!1曲目っぽい」

千知「ミュージカルを見に来ました!って感じがします」

陽稀「わくわくしますよね。ねえ、これちゃんとチーム名付けようよ。その方がライブ盛り上がるよ」

未来「いいよ。何にする?エンジェルとリトルスターとか……」

――あ、いいですね。じゃあ、ライブまでにチーム名考えておいてください。ラストは乃愛さん。

乃愛「被っちゃいましたけど「Cheers!」。もう最初聴いたときからずば抜けて好きで。特に2番のBメロの“ねえ、間違えてよ/雰囲気でキスしちゃう?”って部分が好きって、歌割りをもらう前から好きって言いまくってて、そしたら奇跡的にそこを歌わせてもらえることになって、めちゃめちゃうれしくって。誰か言ってくれたのかな……」

――先生、そこ乃愛くんが歌いたがってます!って(笑)

乃愛「レコーディングのとき、編曲のKUME.さんに、“これ、いっぱい練習したでしょ”って言われて」

全員「ははは!」

乃愛「“これがいちばん好きだったんで”って言ったら“好きじゃない曲もいっぱい練習してね”って言われちゃいました(笑)。なんか、歌詞の感じも自信満々で告白してるようで、“ねえ、間違えてよ”ってちょっとかわいい男の子のなんですよね。すごい好きです」

星波「いや、乃愛はふだん人前であまり歌わないんですけど、この曲に関してはすごい鼻唄とか歌ってて(笑)。それも“ねえ、間違えてよ”の部分ばっかり歌ってたんですよ」



乃愛(のあ)

星波



――歌っている本人が惚れ込んでいる歌ってすごくいいですよね。「コイゴコロ」と「Cheers!」、あと「Don’t know why?」も人気でしたね。逆に歌入れで苦労した曲は?

星波「「トロイメライ」のサビが早すぎて、息するところ間違えると“ベビベビ”ってなっちゃわない?」

未来「なるなる!」

千知「いちばん最後のサビの入りもめっちゃ難しくない?」

未来「溜めて、溜めて……“さあ”ってとこね。わかってるのに待ち切れなくなっちゃう(笑)」

千知「逆に遅れちゃったりね」

――つんのめり気味のテンポ感ですよね。

未来「いままででいちばん難しんじゃないかな。早いし、リズムも大事だし」

千知「いろいろな要素がありすぎて」

未来「あと、私は「TOMOSHIBI」も難しかったです。ここまでゆったりしたバラードを歌ったのって久しぶりだし、フーパーズとしてはやっぱりダンスナンバーが多いので、こういうゆったりしたバラードってどんなだっけ?って。じっくり歌詞の意味を考えながら歌うのって難しいなと思いましたね」

陽稀「大好きなのに「Don’t know why?」のときに限って声が枯れちゃうんですよ。レコーディングはなんとか乗り切ったけど、ライブが心配」

未来「歌詞好きって言ってたし、歌ってると感極まっちゃうんじゃない?」

陽稀「あ、そうかも。好きすぎてレコーディングで泣きそうになりました。そのせいかも。感情移入し過ぎ?(笑)でもフーパーズ史上最強って思ってる」

未来「私も推しは「TOMOSHIBI」ですけど、好きなのは断然「Don’t know why?」かな」

――メンバーそれぞれに楽曲への思い入れがあっていいですね。さて、インタビュー後編では、各メンバーのトピックスとプライベートについてもお聞きします。お楽しみに!

(つづく)

取材・文/encore編集部
写真/encore編集部



[  前編  ]|[  後編はこちら  ]



■2nd Album「FANTASIC SHOW」発売記念カウントダウン&リリースイベント(観覧フリー)
11月27日(火) HMV&BOOKS TOKYO
11月28日(水) ニコニコ本社
11月29日(木) タワーレコード新宿店
11月30日(金) サンシャインサカエ
12月1日(土) 阪急西宮ガーデンズ
12月2日(日) ニコニコ本社







ザ・フーパーズ『FANTASIC SHOW』
2018年11月28日(水)発売
初回限定LIVE盤(CD+DVD)/UMCK-9978/4,630円(税別)
ユニバーサルシグマ
ザ・フーパーズ『FANTASIC SHOW』
2018年11月28日(水)発売
初回限定MV盤(CD+DVD)/UMCK-9979/3,704円(税別)
ユニバーサルシグマ
ザ・フーパーズ『FANTASIC SHOW』
2018年11月28日(水)発売
通常盤(CD)/UMCK-1612/2,778円(税別)




SMART USENの「ザ・フーパーズ」特集チャンネルはこちら





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play