enj_180608_hoopers_main

ピックアップ
2018.06.08

ザ・フーパーズ「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」インタビュー——フーパーズと澁谷梓希(i☆Ris)のクロストーク

encoreでもすでにお伝えしたとおり、ザ・フーパーズの9thシングル「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」限定メンバーとして、声優×アイドルユニット、i☆Risの澁谷梓希が加わわることになった。と、いうわけで、メンバーと澁谷梓希がクロストークを繰り広げるスペシャル企画をお届けします。

<PR>
音楽アプリ「SMART USEN」の「ザ・フーパーズ」チャンネル&プレゼントキャペーンは6月27日ローンチ!



——さて、間もなくリリースされるザ・フーパーズの9thシングル「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」ですが、どんな曲でしょう?

未来「疾走感のある爽やかな応援ソングになっていまして、聴いてくれている皆さんの背中を後押しするような、そして歌っている私たちも自信が湧いてくるような楽曲です。何か壁にぶち当たっている人とか、目標や夢を叶えようとしている人に聴いて欲しいですね」

——「SHAMROCK」みたいなストレートなロックナンバーですが、実はこういう曲ってフーパーズのレパートリーには意外と少ないんじゃないですか。

未来「あ、そうですね。メインの曲では初めてかもしれません」

星波「「SHAMROCK」ぽい感じですけど、あの曲はカバーですし、オリジナルとしてはめずらしい曲調ですよね」

未来「これがリード曲なんだ?ってちょっと驚きました」

——オリジナルだと「永遠の詩」に近い雰囲気ありますよね。

千知「あ、そうかも!めっちゃ聴いてくださってるじゃないですか(笑)」

——「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」のミュージックビデオはもう撮り終えたんですよね?

未来「はい。今回は、私たちのMVでは初めてお客さんにエキストラとして参加してもらってライブシーンを撮ったんですよ。だから、たぶんこのMVを見ていただくと、“あ、フーパーズのライブってこんなに楽しそうなんだ!行ってみたいな”って思ってもらえるはずです」

——エキストラって、役者さんじゃなくて?

未来「はい。ガチのファンの人たちです。ある意味、誰よりも早く新曲が聴けるという特典が(笑)」

千知「でも、その場でいっしょに振り付けを覚えてもらったりしたから結構大変だったかもしれないね」

——帽子とかターバンとか、被り物が凝ってますよね。

未来「でも、これって、ふつうにヘアメイクのセットするよりも楽なんですよ」

星波「今回は衣装もこんな雰囲気なので、アクロバットなしです」

——そして「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」最大のトピックスといえば、やはりi☆Risの澁谷梓希さんが9thシングル限定メンバーとして参加していることですよね。

澁谷梓希「これが私自身にとっても結構なサプライズだったんですよ(笑)。ある日取材があるからって会社に呼び出されて、会議室に入ったらフーパーズのメンバーが揃ってて。“あー、楽曲を作ってくれとか、衣装をデザインしてくれっていうオファー企画かな?”って思ったんですよ。そしたらメンバーになってくれって、想像の斜め上を行く提案で。“えっ!メンバー?”って」

未来「でも、ずっちゃんは、昔からずっとフーパーズでやってみたいって言ってくれてたので、私たちとしては自然な流れというか……」

澁谷「まあ、昔からSNSとかでさんざん言ってたし、フーパーズのライブを見に行ったときも、マネージャーさんに“いっしょにやりたいです”ってアピールしてたりね」

——言ってみるもんですね。

澁谷「いや、本当にそうだと思います。言葉にしたことがちゃんと実現したわけですし、言霊ってあるんだなと」

——メンバーと澁谷さんは、プライベートでもお付き合いっていうか、交流もあったり?

未来「私は結構お付き合いしてましたね(笑)」

千知「私と星波もごはんを食べに行ったりします」

澁谷「私、人の悩み相談を聞いてあげるのがすっごい好きなんですよ」

——姉さんキャラですね。澁谷さんは。

星波「ですね。今年の2月にリーダーの麻琴が卒業して、フーパーズとして7人でリスタートしたんですが、その矢先に陽稀が体調不良で休養することになって、最初は6人でがんばろうと思ってたんですけど、どうしていいかわからなくなっちゃって。そんなときに、誰か力を貸してくれる人がいないかなってメンバーで話し合ったんですよ。ずっちゃんが言っていてたとおり、ふだんから相談に乗ってもらったり、マネージャーさんから“売り込みがあったよ”って話も聞いていたので、ずっちゃんしかいないよね!って」

未来「レーベルも事務所も違うから難しいかもしれないけど、言ってみるだけ言ってみようってオファーしましたね」

——期間限定ということですが、もうだいぶ慣れましたか?

澁谷「まだまだですね……と、言いたいところですが、すぐ慣れちゃいました!最初から全く問題なく(笑)」

未来「一瞬で馴染んじゃったよね?合流した初日から、もともとのメンバーのように」

澁谷「私、i☆Risとして活動しているときは、黒髪のツインテールにしてた時期もあって、ぜんぜん違うキャラだったんですよ。でもフーパーズに出会ってからは、“あ、私もこういう感じでやってみたいな”って思うようになって、だんだん髪も短くして、いまのこの髪型になって。だからフーパーズに参加させてもらって、ずっとやってみたかったことができてるって実感してますね」

——i☆Risのプロフィールで見る澁谷さんと、いま目の前にいる澁谷さんのギャップがすごいです(笑)。

澁谷「ははは!私、実際の姿とプロフィール写真が一致してたことってあまりないんですよね。いまのこの髪型とか衣装も、正直、フーパーズのためっていうよりは、自分がやりたいことをやってるって感覚が強いですね。だから何の苦労もせずいまここにいるって感じです」

未来「馴染み過ぎだから(笑)。でも、そんなふうに言ってもらえてうれしいですね」

澁谷「「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」のジャケットが公開されたときも、昔から私のファンだった方が、一瞬どこにいるかわからなかったって言っていて。たぶんそれくらい馴染んじゃったってことだよね」

——Leeさん、乃愛さんも第2期メンバーというか、途中からフーパーズに参加したわけじゃないですか。こんなふうにすぐに馴染めましたか?

乃愛「いや、全然ですよ(笑)」

Lee「うーん……どうかなー」

星波「え、Leeは比較的早く馴染んでた気がするけど」

Lee「私はAXELLという姉妹グループにいたので、当時からフーパーズとは面識があったし、フーパーズに参加するようになってからは、慣れる慣れないというよりは、早く追いつかなくちゃ!って気持ちが強かったかな」

乃愛「私の場合は、いちばん年下なのでわりと気を遣うんですよ」

未来「えー!そうなの?」

星波「うそー(笑)」

乃愛「あ、でも、ずっちゃんの方がお姉さんだけど、フーパーズとしては私のほうが先輩ってことだよね?」

澁谷「なるほど、そう来るかー!よろしくお願いします、乃愛先輩(笑)」

——じゃあ、ここらで合コンぽい企画やっちゃいますか?「ザ・フーパーズ V.S. 澁谷梓希スペシャルインタビュー」!

未来「おおっ!」

千知「なに?なに?」

——フーパーズから澁谷さんへ、澁谷さんからフーパーズへ、お互いをインタビューして仲良くなろう企画です。

星波「あー!だから質問考えてきてって言われたんだ」

——そういうことです。それではさっそく行きましょう!先攻はフーパーズからの質問タイムです。どうぞ!

未来「それじゃあ、私から行くね。平均睡眠時間はどれくらい?」

澁谷「3時間」

星波「えーっ!」

未来「私、実はそんな気がしてたんだよね。だってめっちゃ忙しいはずなのに、ずっちゃんが疲れた顔してるとこ見たことないから」

澁谷「オフだからって寝すぎちゃったりすると、逆に体調崩しちゃうんだよね」

つばさ「何時に寝て、何時に起きるの?」

澁谷「えーとね、まずSNSのお休み時間は午前1時くらいって決めてるので、それからデスクワークしたりで朝5時くらいに寝て、7時か8時には起きちゃうサイクルだね」

Lee「ショートスリーパーなんだ」

未来「ちなみに私は9時間以上寝ないと調子が出ません(笑)」

千知「私も何時間でも寝れる派(笑)」

星波「じゃあ、次は星波からの質問です。ライブ前のルーティーンはなんですか?」

澁谷「まずはケータリングのメニューを確認する。本番前にチェックして、本番中の転換とかアンコール前に楽屋に戻ったときに、これを食べよう!って決めておく。なぜって、私、ライブ中にお腹すいちゃうんだよね。ライブ後半に血糖度が下がってくのがわかるんだ。だから、ちっちゃいおにぎりとかをぱくって食べてステージに戻る。あとはふつうにストレッチしたり、メンバーの調子はどうかなっておしゃべりしながらチェックしたりとかかな」

星波「へー!おもしろいね。なんかね、Twitterにあがってるツアー中の写真で、ずっちゃんがヨガマット敷いてストレッチしてるとこよく見るけど、いつも何してんのかなと思ってさ」

——ケータリングの話がおもしろすぎて、ストレッチとかのくだりが全く頭に入ってきませんでした(笑)。次、Leeさんどうぞ。

Lee「毎日してること、続けてることって何かありますか?」

澁谷「そうだなー……インスタのストーリーは必ず更新してるけど」

Lee「ずっちゃん、いつも違う写真になってるもんね」

澁谷「あとは、何だろう……毎日って意味では、必ず何かしらの編集作業をしてますね。楽曲だったり、動画だったり。常に頭を働かせるようにしてます。ニャー!」

Lee「ニャー!わかりました。次、千知」

千知「かっこいいとかわいいの違いはどうやって出してるの?」

澁谷「わたし、結構、形から入るタイプだから。この前、ライブイベントでボブっぽいウィッグでステージに出たんだけど、“今日の私はボブでかわいいんだ!”って思ったら、自然とかわいい仕種になるし。決めつけちゃうのがいちばんよくないことで、かっこいいもかわいいも受け容れるようにしておければ、できないことはないんじゃないかな」

千知「そうなんだ。私もやってみよう」

つばさ「次、つばさからの質問。いちばん癒される動物はなんですか?」

澁谷「急に合コンぽくなったね(笑)。えーとね、基本的に小動物が好き。いまはハムスター飼ってるんだ。キンクマちゃん。すっごいかわいいんだよー」

未来「ずっちゃんがハムスターっぽいもんね」

澁谷「よく言われるんだ。ハムスターとかカワウソに似てるって」

未来「あっ!わたしもカワウソっぽいって言われる(笑)」

つばさ「じゃあ犬と猫だったらどっち派?」

澁谷「飲み会かよ(笑)。ずっと飼ってたのは犬。猫も飼ってみたいんだけど、家族が猫アレルギーなんだよね」

つばさ「飼っちゃえばいいのに。猫アレルギー、飼ってると治るから。私も未来もそうだったんだよね。飼ってるうちに治っちゃった」

未来「治るよ。自分ちの猫は大丈夫みたい。人んちの猫はダメだったりするけど」

乃愛「次、乃愛です。洋服とかの買い物はお店派?ネット派?」

澁谷「海外しかお店がないとかだったらネットだけど、基本お店でちゃんと試着して買いたい派。モデルさんが着てるとみんなかっこよく見えちゃうじゃない?自分が着たときどうかっていうのは確かめてから買いたいんだよね」

乃愛「そうなんだよね。私もネットで買って、結局全然着ないまま断捨離!みたいなことが結構あって。やっぱり試着しなきゃだめだよね」

澁谷「じゃあ、今度ふたりでいっしょに買い物行くか?」

乃愛「行く!行く!」

——はい、というわけで前半終了です。続きまして後攻は澁谷さんからメンバーへの質問タイムです。どうぞ!

澁谷「じゃあ未来くんから。いつも気持ちよさそうに歌ってるけど、歌ってていちばん気持ちいいなあって感じたのは?」

未来「そうだなー……最近だと、去年の夏、鎌倉のOTODAMA BEACH TERRACEで清水翔太さんの「夏の終わりのハーモニー」をカバーしたときかな。目の前が海だったし。でも、実際、歌ってて気持ちいいことってそんなにないんだよね。私、歌詞覚えるの苦手だし、いつも不安になっちゃうから、すっごく一生懸命練習して上手く歌えたときだけ気持ちいい。だから“気持ちよさそうに歌ってるな”って思ってもらえるとうれしいよね」

澁谷「なかなか男前な回答だったよ。次は……星波くん。私は側転もろくにできないんだけど、初めてバク転ができたときってどんな気持ちだった?」

星波「初めてバク転できたのは、たぶん小2のときなんだけど、まだ小っちゃかったから、無邪気に“やったー!できたっ!”て感じ。で、小4くらいで平均台で宙返りとかできるようになったくらいから“私、アクロバットできるじゃん!”って思うようになったかな」

澁谷「体操ってさ、練習とか厳しそうじゃない。ずっと続けてて嫌いになったりしなかった?」

星波「負けず嫌いだからね。小学生のときも、大会があって、団体戦のメンバーを決めるってときは絶対負けたくないって思ってたし、嫌いになったり、止めたいと思ったことはないかもね。ずっちゃんもいっしょに側転とかしようよ」

澁谷「えー、でんぐり返しでもいいかな」

星波「いいよ。イトコイ(「イトシコイシ君恋シ」)とかでやっちゃう?」

澁谷「ははは!イトコイででんぐり返しはヤバいね(笑)」

——スポ根エピソード、なかなかよかったですよ。次は誰にしましょうか。

澁谷「次は……乃愛!えーとね、天然は昔からなの?」

乃愛「私は天然じゃありませんっ(笑)」

未来「えっ!乃愛って、天然なの?」

——おっと、票が割れましたね。なんなら多数決で決めていただいても……

星波「天然というよりは、違う星からやって来た感じ?」

千知「あー、それわかる」

星波「つばさと同じ匂いがするんだよね」

つばさ「うん、私的にも、乃愛は仲間な気がしてる」

全員「ははは!」

つばさ「最初のころは、いまいち掴めなかったんだけど、最近、乃愛とたくさんしゃべるようになって同じ色を感じるようになった」

——澁谷さんは、乃愛さんのどこに天然を感じたんでしょうね?

澁谷「うーん、わりとふわふわした発言が多くて、それでかな……」

乃愛「あ、ふわふわしてるのは、だいたいネコ被ってるときだから」

澁谷「私、まんまと騙されてるってことかー(笑)」

乃愛「好意を持っている相手とか、親しくなりたい人には、よく思われたいからネコ被っちゃうんだよね」

未来「メンバーの誰も乃愛の本性を知らないかも(笑)」

澁谷「早く打ち解けた関係にならないと……やっぱいっしょに買い物行くか!じゃあ、次は同じ匂いがするつばさに質問です。RAPは得意ですか?」

つばさ「いや、別に得意じゃないです」

澁谷「得意じゃないんかーい!資料にはRAPリーダーって書いてあるけど」

つばさ「一応、他のメンバーよりは多めにRAPしてるけど得意かって言われると……フリースタイルって言うとかっこいいけど、ガチでやってる人から見るとどうなんだろうね」

未来「いや、もっと自信持っていいと思うけどな」

Lee「うん、最近のつばさくんのRAP、めっちゃかっこいいよ」

つばさ「本当?まあ、最近ちょっと慣れてきた気がするんだよね。フリースタイルぽい感じ。もはや勢いだけでやってるんだけど(笑)」

澁谷「私とフリースタイル・バトルしちゃう?って、できないけど(笑)。次、Lee。ダンスするときってどんなことを意識していますか?正直、私、ダンスが苦手なんだよね。何なら見てたい方なので」

Lee「リハの動画とかでずっちゃんのダンス見たけど、ふつうにかっこよかったよ。そうだね……音を聴いて楽しもうって気持ちが大事かな。やっぱり自分が楽しまないと見てる人も楽しくないから。私は、動画とかでこの人みたいに踊ってみたいなとか、そういうのを見つけてイメージするようにしてるかな。あと、必ず本番前にイメトレすること。私、ダンス始めたころは、すっごい手に力が入ってがっちがちだったんだけど、力を抜くってことを覚えると、ダウンアップとかも楽にできるようになるよ」

澁谷「力を抜くんだね。私、ダンスとか必死でやってるもんなー」

Lee「いや、でもずっちゃんのダンスは見た目、必死な感じはしないから全然いいと思うよ」

澁谷「わかりましたー。Leeくんありがとう。と、いうわけで以上「ザ・フーパーズ V.S. 澁谷梓希スペシャルインタビュー」でした!」

千知「って、ちょっと待ったー!何かお忘れでは?」

澁谷「ん?何かなあ……」

千知「千知です!千知です!ずっと待ってたんですよー」

澁谷「はいはい(笑)。いやー、千知はいつも元気だけど、落ち込むこともあるのかい?」

千知「私、落ち込むときは短期集中型ですね。めっちゃ落ち込むけど1日限定で。次の日には明るく行こうぜ!イエーイ!ってなる」

澁谷「引きずらないんだね」

千知「そうだね引きずらない。落ち込むんだけど、寝る前に必ず結論を出すようにしてる。明日は必ずこうしようとか、次同じことがあったときはこうしようって。楽観的なのかな」

澁谷「ポジティブでいいんじゃない。いや、意外とちゃんと考えてるんだってわかってよかったよ」

——はい、というわけで「ザ・フーパーズ V.S. 澁谷梓希スペシャルインタビュー」でした。

星波「おー!」

未来「楽しかったね」

Lee「うん、楽しかった」

——これでお互いをよりよく知ることができたなら幸いです。さてさて、ザ・フーパーズとしては「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」のカウントダウン&リリイベをやって、「TOUR FANTASIA 2018 -夢のトビラ- 」の東名阪ツアーも控えていますし、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」の出演も発表されましたね。

星波「この7人で回るのは、6月2日と26日、7月1日の3回のイベントだけなので、悔いのないようにしないとね」

澁谷「そうですよ。チャンスは3回しかありませんからね。皆さんぜひ遊びに来てください!」

――SMART USENの「ザ・フーパーズ」チャンネルとサイン入りチェキのプレゼントキャンペーンは6月27日スタートです。こちらもぜひSMART USENのアプリをダウンロードしてチェックしてくださいね。

(おわり)

取材・文/encore編集部
写真/encore編集部



Lee(りー)→星波(せな)→未来(みらい)→澁谷梓希(しぶや あずき)→千知(せしる)→つばさ→乃愛(のあ)

ザ・フーパーズ「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」
2018年6月27日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)/UMCK-9946/1,796円(税別)
ユニバーサルシグマ
ザ・フーパーズ「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」
2018年6月27日(水)発売
通常盤A(CD)/UMCK-5652/1,093円(税別)
ユニバーサルシグマ
ザ・フーパーズ「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」
2018年6月27日(水)発売
通常盤B(CD)/UMCK-5653/1,093円(税別)
ユニバーサルシグマ




「ザ・フーパーズ」プレゼントキャペーン実施中!詳しくはアプリ内のインフォをチェック!





アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play