enj_170823_acc_main

ピックアップ
2017.08.23

Awesome City Club『Awesome City Club BEST』――atagi&PORINインタビュー

デビューから約2年で“架空の街のサウンドトラック”=Awesome City Tracksと銘打たれたアルバム4作をリリースしてきたAwesome City Clu。新世代シティポップのアイコニックな存在となった彼らが早くもベストアルバムをリリースする。バンドの顔でもあるatagiとPORINにその経緯と想いを聞く。

<PR>
ネオ・シティ・ポップ by SMART USEN



――このタイミングでのベストアルバムのリリースは、バンドの総意としてはどんなところだったんですか?

atagi「そうですね、ベストアルバムを出すってことよりも、今まで続けて来た半年に一枚の、いわゆるアルバム形式のものを出してっていうペースをいつ辞めるか?みたいなね(笑)。今までAwesome City Clubってどんなことができるんだろう?って、自分たちも探しながら活動して来た内容が、今までのアルバムに収まってると思っていて、一度、出来上がったものをテーブルに並べてみたときに、なんかここから改めてひとつのフルアルバムを作るような気持ちでベストアルバムを作ったら、すごいいいものになるんじゃないかなって話し合ったんです」

――1曲目に新曲の「ASAYAKE」が入っていますが、この曲を聴かせたいって気持ちは?

PORIN「そうですね。なんかオーサムのこれまでとこれからが詰まったアルバムになってるんで、やっぱりみんなには未来のことを期待してほしいから、1曲目に今のオーサムはこういう感じだし、これからこうやって進んで行くよっていう意志表示みたいなのをしたかったので、1曲目に持って来ました」

atagi「ベストを出すときの絶対条件だったもんね。自分たちがベストっていうものに対して、ただのベストじゃなんか腑に落ちないっていうか。オリコン1位とか、ずっと獲ってるような人たちが出すベストとは話が違うじゃないですか。だからやっぱり自分たちはもっともっとこの先を見ていてほしいっていう気持ちがあるし、というところですかね」

――男女混成であることは大きいというか、一人称がひとつじゃないから、そのことによって描ける世界が広いというのは改めて感じました。

PORIN「ラブソングは特に、お互いの心境を表せるし、だからこそ切なく感じれるのかな?と思います。普通のバンドじゃできないじゃないですか。私たちはそこを大事にしてるので。新しい表現の仕方を見つけ出せたなって感じはします」

――このベストは新しいアルバムから順に遡って行くような曲順になっていますね。

atagi「狙った部分と図らずもという部分が半分づつあって、狙った部分というのは、いちばん最初に自分たちの最新のモードっていうのを押し出す必要があると思っていて。なんかね、時期が前後するとストーリーが見てこないなと思う部分があったりとか。やっぱり音楽的なアプローチとかその時の空気感というのがそれぞれのアルバムで違ったんですね。そのギャップが思ったより大きくて。1枚目のアルバムの曲とか、やっぱり最新のアルバムの間に挟んで聴くと、すごく稚拙に聴こえちゃったりする部分もあったんですよ(笑)。そうすると本来の伝わり方になってくれないなってすごく悩んで、潔く時系列で最新のものからバックデートしてゆくっていう、コンセプトにしました」

――当たり前と言っては何ですが、最初の頃は、PORINさんが歌っている曲の女性像が若い(笑)。

PORIN「うふふ。ベストで聴くとだんだん若くなって行くってことですね」

atagi「最近の曲は、なんとなくOL感が出てますよね。ちょっと大人な」

PORIN「やっぱり最初は作られたPORIN像だったんで、そこはだんだん自我が出てきて、変化してきたのが、そのまま歌とか歌詞に出てる感じがしますね」

――今回の収録曲でターニングポイントになった曲は?

PORIN「自分にとっては、そうだな……いくつかターニングポイントはあるんですよ。デビュー曲の「4月のマーチ」と「アウトサイダー」、「青春の胸騒ぎ」だと思ってるんですけど」

――3曲ともバンドとしてのステートメントが強い曲ですね。

PORIN「そうですね。もう、それだけです」

――デビュー当時から言われていたシティポップというキーワードも然り、メロウなファンクネスみたいなイメージも強いと思うんです。でも実際には新曲も含めて13曲聴くと、海外のインディーとも並行してるサウンドがよくわかります。

atagi「そうですね。パブリックイメージって、僕ら自身はあまり分からないんですけど、“オーサムってどう見られてんだろう?”っていうところって、想像する限りでは、なんていうんですかね……曲調というよりは、男女の声が入ってるってところかなと思っていて。結構いろんな曲をやってるつもりなんですけど」

――そうなんです。いろんな曲をやってるんですよ。

atagi/PORIN「ははは」

atagi「たぶんコアなファンの方ってそこらへんをすごくよくわかってくれていて、逆に言うと、そこまでみんなを踏み込ませることができれば、“あ、オーサムってこんなにもっと見るところがあったんだな”って思ってもらえるかなと。だからこのベストに収録されてる曲っていうのは、痒いところにも手が届いてる感じにはしたくて」

――ちなみにatagiさんにとって節目の曲は?

atagi「まあ、難しいですけど、僕にとってすごく大きかったのは「アウトサイダー」と「Don’t Think, Feel」ですね。「アウトサイダー」は、初めてライブっていうシチュエーションでお客さんとリンクするっていう体験をさせてもらった曲で、「Don’t Think, Feel」は初めてやりたい音楽と手ごたえがリンクしたみたいな。だから他のみんなが思ってる以上に「Don’t Think, Feel」って曲がオーサムの定番曲になったことがものすごく嬉しかったんですよね」

――「Don’t Think, Feel」は本音のラブソングだと思うし、男女混成ならではというか……

atagi/PORIN「うん」

――恋愛に関してドライに振る舞う20代なんだけど、実は素直に感情を出したい男女が描かれていて。

atagi「そこは僕ら、常にあるよね?プロデューサーさんから“その殻を破れ!”って言われ続けていて、僕らもほっといたらいわゆる薄皮を張ったような歌詞を書くタイプ。でも、いま、こうやって作品を並べて、ブレイクスルーできた曲って、みんな共通して、歌詞がその薄皮を破った感じ。作品の良し悪しに直結するものだとは思ってないですけど、それが僕らの特色のひとつかなとは思うようになりました」

PORIN「でもデビュー当時は、やっぱり洋楽っぽい語感のあるものが好きで、メッセージ性もいらないんじゃないか?みたいな感じだったんですけど、「Don’t Think, Feel」はいしわたり淳治さんといっしょに歌詞を書いたんですけど、まわりの力を借りつつもキラーフレーズが生まれて。最初は自分たちも戸惑ってはいたんですけど、お客さんの反応とか見ていくうちに、やっぱこういうのがいいんだなっていうのがだんだんわかり始めて。いま、特にベストを出して振り返ってみるとやっぱりこういうものが人の心を動かすし、ヒットソングの道なんだろうなって気がします」

――ともすれば恋愛とかエネルギー使うからもういいや、みたいな感じがある世代の人たちが、それでも人を必要とするみたいなことがオーサムの楽曲の、大きなバックボーンなのかなと。

PORIN「確かに」

atagi「僕らが歌ってる歌詞の内容って、たぶん、お子さんを持ってない人たちの歌というか。親子って、無条件に愛し、愛される関係性だし、だからこそ見える景色があるはずなんですけど、僕らの誰もそういうことを経験していないから(笑)、探してるって感じなんですよね。無条件に自分を駆り立ててくれる何かとか、愛とかをどっかで探してる。そういうことが歌のテーマになってるんだろうと思いますね」

――PORINさんもそういうことを感じることがありますか?

PORIN「そうですね。いちばん身近にあって、生活に紐づいてるのが恋愛だなと思っていて。やっぱり愛には常に飢えてるし。だから自然と、なんなんだろう?……人類愛とか家族愛とかよりも身近な恋愛にすごく執着してますね」

――皆さんの世代のせめぎ合いがリアルに詰まってる?

atagi「そうですね。仕事している人でも、学生でも、必要に迫られてなにかをするっていうことがすごく多い年代だと思うんですね。“お金ないから働かなきゃ”とか、“期限が迫ってるから仕事しなきゃ”とか(笑)。自分から何か能動的に掴みにいくというよりかは、ともすると、自分を被害者として見てしまいがちな年代という部分はあると思うんですけど。でも自分がふと立ち止まって“あ!これやってみたい”と思った時に、湧き出てくるエネルギーとかってすごくポジティブなものだったりするじゃないですか。“今ならなんでもできそうな気がする!”とか(笑)。やっぱり、若さって言うのが正しいのかわからないですけど、年齢とか関係なくそういうバイタリティを持てるときっていうのはこの世代に共通する感覚としてあると思うんですよね。だからそういうポジティブなメッセージを曲に込められたらいいなとは常々思ってはいますけど」

――その分かりやすい役割を「ASAYAKE」が果たしてると思います。この曲は曲調も詞もアンセミックで、言い切っちゃってる部分があるから。

atagi「まっつん(マツザカタクミ)が“言い切ろう”って言ってたもんね?」

――曲が上がって来たとき、どう思いました?

PORIN「もうデモの段階で曲が持ってる力がすごいなと思って。これどうにか形にしたいねって、いろいろ試行錯誤して、それでこの歌詞が結構ギリギリに上がって来て、なんか、まっつんがここまで言い切ってる、覚悟の決まったものを作ってくると思ってなかったんで、私はすごく嬉しかったな。あと5人全員がこの曲に対してちゃんと向き合えた感じがします」

――曲調はいかがですか?

atagi「歌詞のメッセージっていう部分とも共通して言えることなんですけど、いままでになかった部分っていうのはあって、それは不特定の、どこかの誰かじゃなくて、ステージから見てる、そこのあなた!って感じの曲なんですよ。だから直接訴えかけたい曲っていうか。そこめがけて投げるよ、ビュン!って感じの曲なんですよ(笑)。だからこそ曲調もダイナミックなものにしたかったし、実際そうなったかなと思います」

――PORINさんは歌っていていかがですか?

PORIN「ちょうど夏フェス前にできたんで、今年の夏は結構大事な、これまでにない大きなステージが決まってたりしたので、ちょうどいいタイミングっていうか、神様が授けてくれたものっていう感じがすごくしていて。だからこの曲があれば今年の夏は勝てるなっていう感じがしたし、ここからまたワンステップ上がれるなっていう、背中を押してくれる曲になりました」

atagi「ap bank fesの、あの光景というか、そこにいるお客さんの総人口から考えて、僕らのことを知ってる人の方が少ないぐらいなんじゃないかっていうぐらいの場所だったんですけど、ちゃんとライブって伝染していくんだなってわかって、それはすごく嬉しかったですね」

(おわり)

取材・文/石角友香
撮影/encore編集部





Awesome City Club『Awesome City Club BEST』
2017年8月23日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD)/VIZL-1217/3,800円(税別)
CONNECTONE


Awesome City Club『Awesome City Club BEST』
2017年8月23日(水)発売
通常盤(CD)/VICL-64824/2,800円(税別)
CONNECTONE


ネオ・シティ・ポップ by SMART USEN



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play