enj_170310_hasunuma-uzhaan_main

ピックアップ
2017.03.10

蓮沼執太&U-zhaan『2 TONE』インタビュー——世の中にまだないアルバムを

蓮沼執太とU-zhaanのコラボレーションによるニューアルバム『2 Tone』。幅広いフィールドで活躍してきたふたりが作り上げてきた“唯一無二の音楽”とは? 本作のテーマ、そして完成までのストーリーについて聞くインタビュー。

<PR>
「スマホでUSEN」NEW ARRIVAL HEALINGチャンネル、3月10日から17日までの特集は蓮沼執太&U-zhaan!



——これまでも共演は多かったと思うんですが、今回アルバムを制作するきっかけになった出来事は?

蓮沼執太「そもそもアルバムを作ろうと思ってユニットを組んでいるわけではないですからね。ライブの機会があったらいっしょにやって、そこで曲も作っていた。それがある程度たまったら形にしたほうがいいだろうなとは思ってました」

U-zhaan「きっかけとして言えるのは、去年の1月に京都でいっしょにやったTabla the Worldというイベントかもしれないですね。その時に執太が書き下ろしてくれた曲があって。その曲を出さないのはもったいないと思って。その前から、いつかふたり名義のアルバムを出せたらいいなと考えてはいたんですけど、映画のサントラというかたちでひとまず実現して満足していたんですが」

——映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』のサウンドトラックですね。ちなみに、そのイベントで蓮沼さんがU-zhaanさんに書いた曲というのは?

U-zhaan「6曲目に収録されている〈Music for Five Tablas〉です」

——なるほど。このタブラソロ曲は、アルバムの核になっているイメージがあります。すごくきれいなタブラの倍音が印象的ですが、これはどういうイメージから作っていったんでしょう?

蓮沼執太「U-zhaanからタブラの曲を書いてくれというオーダーがあって、そこからですね。なかなか思いつかなかったんで、結局、Tabla the world公演のリハーサルスタジオでほぼ即興的に作っていったんです。僕はタブラはリズム楽器としても好きですけれど、音色とか倍音のピュアな響きも好きなので。それを活かそうという意識で書きました」

——タブラの可能性を引き出そうと?

蓮沼執太「可能性を引き出すというよりも、そもそもタブラが持っている要素のひとつをフィーチャーしたようなイメージですね。あまり他にないような曲がいいと思っていて。そういうところで自分らしい旋律も意識しました」

U-zhaan「まず僕が、使う楽器の数とキーだけ選びました。5個選んだんですが、各々の楽器から2種類ずつの音、計10個の音だけで作って欲しいとオーダーして。手は2本しかないから同時に鳴らせるのは2音まで。でもこの音とこの音は一緒に叩けない、とか注文をいろいろつけながら」

——U-zhaanさんにとっても、蓮沼さんの作曲で自分の持っていない面が引き出されたという感覚はありましたか?

U-zhaan「新たな面を引き出して欲しかったというよりも、僕の奏法の中で最も特徴的だと思っている “タブラだけでコード感を出す” という部分を執太と一緒に広げてみたかったという感じですね」

——「Green Gold Grey feat. Arto Lindsay」はアート・リンゼイのギターと声が大きなポイントになっています。このコラボレーションはどう実現したんでしょうか?

蓮沼執太「アルバムを出そうということになった段階で、僕らは基本的にインストゥルメンタルなんで、ヴォーカル曲があったほうがいいかなと。その中でアートに参加してもらえたら嬉しいという話になって」

U-zhaan「この曲も、もともとはインストゥルメンタルとして作っていた曲なんです。でも、アート・リンゼイに参加してもらえることになったときに “これに歌を入れたらいいんじゃないかな?” と思って。主メロのようなものを足す余地がじゅうぶんにある曲だったので、そのパートをアートに任せてみようと」

蓮沼執太「U-zhaanからの提案だったんですよ。それは意外でした。U-zhaanが凄いのは、そういうところがあるんですね。プロデューサーでもないんですけれど、そういう感覚がある」

——直感的にそう判断した?

U-zhaan「いや、直感でもないですね。僕はどちらかというと、よく考えるほうなんです。制作中に何度も聴いて考えた結果、一から作曲するよりもこの曲の上で歌ってもらったほうが面白いものが出来上がると判断した。もともと、そんなに勘がいい方ではないし」

蓮沼執太「そうなんだ?」

U-zhaan「勘が悪いからタブラを始めちゃったのかもしれない。ふつうは直感で “これは今後、極めて厳しい道のりになるぞ” ってわかるでしょ(笑)」

——でも、結果、もともとヴォーカル曲として作られたかのようにマッチしていると思います。

蓮沼執太「やっぱり、声といいギターといい、アートのオリジナリティーが刺激的ですよね。曲の最初に歌ってくれて、後半はずっとギターだけなんですよ。なのに、存在感はずっと残っている」

U-zhaan「うん、あたかも最後まで歌が入っているかのように。あと、あの曲はタブラの音を、敢えてプログラミングっぽい雰囲気にしているんです。機械的なビートの中にひとりだけ人間がいる感じの方が、声やギターが映えるんじゃないかと思って。その効果もあってアートの存在感が際立っているのかもしれない」

——「A Kind of Love Song feat. Devendra Banhart」はデヴェンドラ・バンハートが日本語で歌っているわけですが、これは?

蓮沼執太「これは完全に新曲です。アルバムにもう一曲歌ものがあったらいいねということになり、そこでデヴェンドラさんが来日するチャンスがあるんで、もしかしたらいっしょにレコーディングできるかもしれないという話になって。それでオファーさせていただいて、代官山のスタジオで2時間くらいいっしょに立ち会ってレコーディングをしたんですね」

——歌詞はどのようにして書かれたんでしょうか?

蓮沼執太「ある程度デモを作って彼に渡しておいて、歌詞はお願いしていたんです。そうしたら、彼がまさかの日本語詞を持ってきてくれた。日本語で歌ってくれたら嬉しいとは思ってたんですけど、別にそんなオファーはしてなくて」

U-zhaan「外国の方に “日本語で歌ってください” なんてなかなか頼みづらいですもんね。送られてきた歌詞を見た時にはとても嬉しかったです」

——いろんなコラボレーション、いろんなテーマで作られた楽曲が収録されていますが、全体としてはどんなイメージのアルバムにしようと思いましたか?

U-zhaan「中心に〈Music for Five Tablas〉がある感じですね。曲順的にもアルバムの真ん中に置かれているあの曲が、作曲家としての蓮沼執太と、演奏家としての僕という二人の側面を最もよく表していると思っていて」

——たしかに「Mixed Bathing World」は温泉と音楽、「Sporty」はヨガと音楽というコンセプトですよね。こうして並べてみると、作曲とタブラが真ん中にある。それと他の人とのコラボレーションやライフスタイルをからめるようにバリエーションが生まれている。

蓮沼執太「対象は何でも受け入れられるんですよね。ヨガでも温泉も。そのつどコンセプトがあって、手を抜かず真面目に向き合って作ってきた。それが面白いからアルバムにまとめようということになった。そういうところがベーシックにあるんです」

——聴いている側からすると、作品集としても聴けるけれど、日常生活のBGMとして、ただ気持ちよくリラックスして聴けるアルバムでもあると思います。

U-zhaan「ああ、それは理想的ですね」

——生活の中に溶け込む感じがある。

U-zhaan「教授との曲は、どうやっても生活に溶け込まない感じの音が鳴ってますけどね(笑)」

——確かに「Lal feat. Ryuichi Sakamoto」で鳴っている音はとてもオリジナリティーがあります。

U-zhaan「ハッとしますよね。僕はあれを聴いたときになぜか “真っ赤な音だなあ” と感じて。それで “Lal” という曲名を付けました。ベンガル語で “赤” の意なんですよ」

——音だけじゃなくて、楽しみ方にも多様性があると感じました。

蓮沼執太「ありがとうございます。嬉しいです」

——蓮沼さんは、蓮沼執太フィルや『メロディーズ』などさまざまなプロジェクトを同時に進めている中、今回のアルバムはどういう位置づけで捉えていますか?

蓮沼執太「ちょうど一昨日も蓮沼フィルのレコーディングをしたんですよ。久しぶりのレコーディングだったので、それはそれで楽しくて。U-zhaanとの共同作業も何年もずっと続いているんです。それにこの先もふたりでライブをやっていくだろうし。そんなふうに、全てがいろんな流れのもとに続いているので、区別してアウトプットしている意識はないですね。ひとつひとつの機会があってやっている感じです」

——U-zhaanさんの中での位置づけはどうでしょう? 2014年にはソロアルバム『Tabla Rock Mountain』もリリースされていますが、そこからの流れはありますか?

U-zhaan「どういう位置づけだろう? まあ、今回のもソロアルバムと同列ですよ。『Tabla Rock Mountain』も便宜上ソロということになっているだけで、いろんな人とのコラボレーションアルバムなので」

蓮沼執太「面白いですよね。U-zhaanもいろんな人とやってるし、タブラもいろんな音楽に入り込める。それが僕に入り込んでくる感じも面白い。僕は僕で音楽を広く捉えているから、そういう幅の中にタブラがある感じというか……」

——他にないタイプの音楽だし、タブラという楽器だけじゃなく、作曲も含めて、発明みたいな音楽だと思います。

蓮沼執太「それは意識しましたね。世の中にまだないアルバムを作ろうと思ったんで。日本だけじゃなくて、海外でも聴いてもらえるような作品にしたいという思いはあります」

(おわり)

取材・文/柴 那典
撮影/encore編集部



<PR>
「スマホでUSEN」NEW ARRIVAL HEALINGチャンネル、3月10日から17日までの特集は蓮沼執太&U-zhaan!



蓮沼執太&U-zhaan『2 Tone』
発売中
RZCM-86282/2,800円(税別)
commmons


「スマホでUSEN」NEW ARRIVAL HEALINGチャンネル、3月10日から17日までの特集は蓮沼執太&U-zhaan!



アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play