enj_170217_dpg_main

ピックアップ
2017.02.24

電波少女インタビュー――「電波少女的ヒッチハイクの旅」完結とメジャーデビュー

MCのハシシ、ボタンを押す係兼パフォーマーのnicecreamからなる電波少女(デンパガール)。「電波少女的ヒッチハイクの旅」なる過酷な(?)試練を乗り越え、いよいよメジャーへステップアップするふたりに聞いた旅の感想、そして静かなる決意。

<PR>
音楽アプリ「SMART USEN」、お試しはこちら!



――お帰りなさい!「電波少女的ヒッチハイクの旅」おつかれさまでした。えーと、おふたりはテレビの「電波少年」を知っている世代でしたっけ?

ハシシ「小学校低学年くらいだったので、ギリ見てました。有吉さんも“猿岩石の”ってイメージ。ヒッチハイクは、名前も似てるし、っていうところから思いついた企画ですね」

――この企画以前に、ストリートライブの経験は?

ハシシ「いや、ないです。だから最初は難しかったです。モニターの返りがないから自分の声が聴こえなくて」

――なるほど。滝行とかバンジーとかのミッションよりそういう地味な苦労ばなしが聞きたいです。ちなみに寝袋って使いました?

ハシシ「外では使わなかったです。ホテルの中とかでは何回か使いましたけど」

――よかった。映像で見る限り野宿はしてなかったし、意外と言っちゃなんですが、ちゃんと屋根のあるところで寝て、ちゃんと食べてるなと思って。

ハシシ「そこまで過酷じゃなかったですね。旅費はストリートライブの投げ銭だったので、かなり節約しましたけど」

――先日のライブのとき、近くにいたファンの子たちが“ハシシ細っ!痩せちゃったね!”って言ってましたもん。

ハシシ「それ、ライブ当日、すげー言われましたけど、帰ってきてから痩せたんですよ(笑)」

――“niceはそうでもないね”って声も聞こえましたけど(笑)

nicecream「ははは!せっかく割れた腹筋もちょこっとしか残ってません」

――まあ、ヒッチハイクで移動って見てるよりずっと大変だと思いますけど、東北、関東、甲信越と南下して中部あたりで結構……

ハシシ「こなれてきた?」

――うん、ヒッチハイク職人て感じの動きになってました。

ハシシ「あー、クルマ止まってくれてもあまり喜ばなくなったし。簡単そうに見えちゃう(笑)。乗せてもらってからも、どっちがしゃべるかとか、もっと遠くまで行ってもらえるように交渉したり、結構がんばってるんですけどね」

――あと、ストリートライブで注意されて撤収、移動とか地味に堪えますよね?

nicecream「めっちゃキツいですよ。他の場所探したり、次の日仕切り直したり」

ハシシ「めんどくさいのはもちろんなんですけど、LINE見てわざわざ来てくれた子に“明日は来れないんです”とかって言われちゃうと申し訳なくって」

――滝行のあと、ハシシさんが緊急入院することになって、横浜でniceさんのひとりライブって最大のピンチでしたね。

nicecream「マジでキツかったです。でもハシシが、ぼくりり(ぼくのりりっくのぼうよみ)くんに連絡してくれて」

ハシシ「“頼むから行ってくれ”って。さすがにniceひとりじゃヤバいなって」

――あの日の、nicecream feat.ぼくのりりっくのぼうようみの「笑えるように」は、見ててちょっと泣きそうになりました。

nicecream「いや、本当に助かりましたね。歌詞カード見ながら歌ってくれて」

ハシシ「“ぼくりりさん”が、電波少女なんかの曲を歌ってくれるなんて、レアでしょ(笑)」

――ははは!niceさん、滝行とひとりライブどっちかもう1回やれって言われたらどうします?

nicecream「うわっ!えーと……滝行やりますねたぶん(笑)」

――そのピンチを乗り越えて、あとはわりと順調そうでしたけど、兵庫らへんで結構やさぐれた感じになってて。

ハシシ「あー、雨降って、やっと見つけた場所でライブやって、途中で撤収させられて……でもああやって悪態吐いてるときはまだ大丈夫なんですよ」

nicecream「本当にヤバいのは全然しゃべってないとき。悪態もパフォーマンスだから。そんな余裕もなくなってるっていう」

――なるほどね。で、中四国でniceさんめがね忘れて届けてもらう事件とか、自主企画の“ちくわチャレンジ”があったりして九州へ。

ハシシ「九州渡ってからはゴールが見えてきた実感がありましたね」

――沖縄往復のフェリーはリラックスした感じでしたもんね。

ハシシ「実はあれ結構しんどくって。片道で丸一日以上かかるし、やることないし」

nicecream「寝るとこなんて肩幅くらいしかなくって、隣りに知らないおっさんが寝てるって状況で。最後の難関でしたね」

――で、ようやくゴールの宮崎へ。わりと淡々とフィニッシュしちゃいましたね。

nicecream「ちょうど大晦日だったんですけど、あれ以上はちょっと……体力的には余裕だったけど」

ハシシ「気持ち的にはもうギリで。あと3日長かったらヤバかった」

――51日間ずっとふたりで過ごしてきたわけですが、お互いのいいところ、悪いところが見えたりしましたか?

ハシシ「そうですね。真面目なんですよねniceは。よくも悪くも業務的っていうか……」

――融通が利かない?

ハシシ「そう(笑)。ぶっちゃけ、後半の方は余裕がなくて、お互いの悪いとこしか見えなくなってて。帰ってきてしばらくたってからですよ。“あー、こいつもがまんしてたんだな、こいつなりにがんばってたんだな”って」

――niceさんはどうですか?

nicecream「んー……俺はいちばん後から電波少女に入ったので、“あれやって”とか“もっとこうやって”って注意されることが多かったんですよ。だからハシシのことをしっかりものだって思い込んでて。でも今回の旅でそうでもないってことに気付きました(笑)」

――どんなとき?

nicecream「忘れ物したり、寝坊したり、何回も同じこと聞いてきたり。いや、高校からの付き合いなんで“そういや昔からこんな感じだったっけ”って」

ハシシ「え、それで終わり?いつ褒めてくれんの?」

nicecream「えーと、何だろう?あ、とっさの判断力がすごい。ストリートライブの場所探したりするじゃないですか。で、意見が割れて、結局ハシシが見つけた場所でやってうまくいったりとか」

ハシシ「ありがとうございまーす」

――という気付きがあって(笑)、2月4日のライブ「“サライ”~電波少女的ヒッチハイクの旅 完~」で完結と。WWW、盛り上がりましたね。

nicecream「楽しかったです。みんなおかえりって言ってくれて」

ハシシ「RAq、NIHA-C、Jinmenusagi、トップハムハット狂。友だちもたくさん出演してくれたし」

――謎のマネージャーMこと抹さんもね(笑)。さて、これで無事メジャーデビューを勝ち取ったわけですが、5月8日(月)から3ヵ月連続配信リリースです。第1弾は「Re:カールマイヤー」。

ハシシ「オリジナルの〈Re:カールマイヤー〉は、4年前かな……もうひとりMCがいた時代の曲なんですけど、自分たちのターニングポイントになった大事な曲なんで、もう一度歌いたいなと思って書き直したんですよ」

――そういう思い入れがある曲を、メジャーが決まったタイミングでリリースしたいと?

ハシシ「前のアルバムのときリテイクしようとして、リリックは書けたんですが、全体のストーリーが描き切れなかったというか……で、ヒッチハイク企画の前にようやく完成して」

――じゃあ、WWWで披露した「FOOTPRINTS」はそのあと?

ハシシ「そうですね。〈FOOTPRINTS〉は、旅の途中でリリックを書き溜めていて、帰ってきて、トラックが上がって完成しました」

――電波少女史上もっともポップで疾走感のある曲ですね。YouTubeやライブ会場でも流れていた旅のダイジェスト映像にも使われているので、やたらドラマチックなイメージが(笑)

nicecream「それ、思惑どおりです(笑)」

――ははは、ライブでもあの曲で、みんな“おおっ!”ってなってましたからね。まんまと刷り込まれてるんだ。

ハシシ「〈Re:カールマイヤー〉みたいなどろっとした曲があって、対極に〈FOOTPRINTS〉みたいな明るい曲もあるっていう振り幅を見せたいなという思いもあって」

――さて、6月18日(日)にはWWW Xでワンマン「EST.」です。

ハシシ「ソロ曲が足りないので、ちゃんと新曲を作っていかないと」

nicecream「あとMCとか段取りはもっと上手くやらなくちゃとか」

――最後にメジャーにステップアップするにあたっての意気込みを。

ハシシ「唯一無二っていう存在感を出しつつ――歌も上手くないし、ダンスも飛び抜けてるわけでもないですけど――“こんなやりかたがあったんだ”って思わせるような、HIP HOPの可能性を見せたいです」

――niceさんはどうですか?

nicecream「これからはライブの規模も大きくなっていくと思うし、俺は曲書かないんで、やっぱりダンスとかライブでのパフォーマンスを高めていかなくちゃと思いますね」

――楽しみですね。でもメジャーになったら、こういうインタビューとかいっぱいやらなきゃいけなくなるし、そのうちヒッチハイクのほうが楽しかったなとか言ってたりして(笑)

nicecream「いや!いや!いや!」

ハシシ「あれよりしんどいことなんてそうそうないでしょ(笑)」

(おわり)


取材・文/encore編集部



■INFO
【電波少女 ワンマンライブ「EST.」】
6月18日(日)17時開場、18時開演@Shibuya WWW X
チケット先行受付開始 ※2月28日(火)まで

【3ヵ月連続デジタルシングル配信決定!】
第1弾デジタルシングル「Re:カールマイヤー」5月8日(月)配信

■関連記事
電波少女、ワンマンライブ「“サライ”~電波少女的ヒッチハイクの旅 完~」を開催!そして新曲「Re:カールマイヤー」の配信&ワンマンライブ開催決定!



電波少女インタビュー――最新EP「パラノイア」、そして歌ものに挑戦する理由