enj_160716_lmc_main

ピックアップ
2016.07.16

LM.C、インタビュー Aijiとmayaの10周年
Vol.03 「レインメーカー」に託す思い

LM.Cインタビュー。最終回は、原子仏教の釈迦の言葉のニュアンスを引用した詞に関してなど、前作「MONROEwalk」に続く10th ANNIVERSARYシングル第2弾「レインメーカー」のお話です。映像特典に収録されたAiji&mayaのふたりきりドライブto千葉のエピソードもあります!


※記事の最後に 「LM.Cサイン入りポスター」プレゼント があります。ご応募お待ちしております。


<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



――「レインメーカー」は、「過去は追わず未来など待たずに この瞬間だけを生きろ」という、原始仏教の釈迦の言葉も引用されているmayaさんの歌詞がすごく印象的で、“10th ANNIVERSARYシングル”というLM.Cの2016年にシンクロしている気がします。

maya「あやふやなものが、“きっと、こういうことを歌ってきたいんだろうな”って、LM.Cの活動をしていくうちに、だんだん明確になっていったんです。“こういうふうに生きたらきっと楽しいし、ハッピーだろうな”って、自分的な答えが出てきた。でも、哲学者だったり、誰か先に言葉にした人がいるだろうな”ってふと思って、それを一時期探したんです。そこから仏教の、更に大元の原始的仏教に行き当たって、自分が漠然と感じていたことが、ある種なんかこう……宗教的というよりは、心理的に、腑に落ちた感じがしたんです。言葉そのものというより、ニュアンスを引用しているんですけど、“生きるってこういうことなんだろうな”っていう単純な部分が、すごく重なったんです。LM.Cそのものっていうか」

――サウンド的にはどうですか。

Aiji「去年の夏くらいに作っていたものなんですけど、特にシングル用に作っていたわけじゃないんです。まぁ、いつかリリースするであろうアルバムに向けて、ずっと作業は続けていて。そのアルバムの中のラインナップに欲しい楽曲として、疾走感があってロックで、エッジのあるものをイメージしてやってましたね」

――「レインメーカー」もM.02の「左耳にピアス。」も前作の「MONROEwalk」とは違った重量感を感じさせる曲です。

Aiji「LM.Cの場合、“シングル出すから、それ用の曲作りしましょう”みたいなことをあんまりやらないんですよ。曲作りはちょくちょくやっていて。そこから集まった曲の中から選ぶんです。「MONROEwalk」に関しては、10th ANNIVERSARYシングルとして、“「MONROEwalk」みたいな曲を最近やってなかったし、いいんじゃない?”ということで、まずは第一弾としてリリースさせてもらって。じゃあ、次のシングルは?というときに、「レインメーカー」というカードを選んだ……という流れなんですね。LM.Cの場合、基本、毎回どれがシングルとしてきられても大丈夫だっていう想いで全曲作っているんです」

――では最後に、前回、少し話題にのぼった「レインメーカー」特典映像の話を。

Aiji「ドライブの話を(笑)」

――【10th ANNIVERSARY BOX仕様】のDVDに収録されている「10th ANNIVERSARY Special企画~ドライブ編~『幻じゃなくてもいいじゃん!?』なんですが、ふたりきりの千葉までのドライブの様子が収録されていて。運転席と助手席の様子を車載カメラで記録した、1時間強の映像特典なんですよね。企画の経緯は?

maya「今回、LM.Cの10周年に際して“10周年に向けてツアーをやろう”という企画が、最初にまずあったんです。そのツアーを廻っていく流れのなかで、どう自分たちが10周年に向けて盛り上がっていきたいかを形にしたのが、〈MONROEwalk〉〈レインメーカー〉の2枚のシングルなんです。でも “シングル出しました、カップリング入れました”って……それだけじゃ楽しくないなっていうのが発想の元なんです。特典の名を借りた遊びというか。〈MONROEwalk〉のDVD特典の映像では、ビジュアルイメージの部分から切り取ったLM.Cのこれまでの活動をふたりで振り返るというものを会社で撮影したんですけど……」

Aiji「ちゃんと撮影用にメイクもして、音楽と衣装についての10年を語るみたいなね。ちょっとお仕事的な、ね?(笑)」

maya「そう。そういう企画でやったんです。まぁ、そこからの流れで、気付いたらふたりでドライブしてたっていう(笑)」

Aiji「今回の特典は、もっと素をみせたいな、と。やっぱりmayaはサービス精神がすごく旺盛なので、ステージ上ではすごく喋るんです、普段は喋らないのに (笑)。そういうオフのmayaの姿も見せたいというか、“こういうふたりの関係から、LM.Cの音楽や活動が生まれている”っていうことを、ちょっとでもみんなに感じてもらえたらいいなと思って。だから計画も何にもない、ノープランの旅なんです。ふたりのプライベートの本当の関係性が見える。大事なこととか、ほぼ言ってないです(笑)」

――ドキュメンタリーですね。

Aiji「これまでもドキュメンタリースタイルのものをやっているんですけど、今回が一番、素が出てるかも。maya、全く頑張ってないですからね。さすがに出発時には“さぁ、いきますか!”っていうテンションで(笑)。mayaのサービス精神がそうさせてるんですけど、途中でゴハン食べて、そこから先はもう“シーン”みたいなね(笑)。それでもmayaなりに気は遣っているんですけどね。まあ、とにかく……mayaの素の部分を垣間見てもらえます!」 

maya「いや、そんなことは……いろいろ貝類の話とか。いや、でも……頑張ってないかもですね、確かに(笑)」

(おわり)

文/兒玉弘樹

[  Vol.01  ]|[  Vol.02  ]|[  Vol.03  ]



<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら



maya

LM.Cの活動を通して、何を歌いたいかが明確になってきたと語るmaya



 

≪プレゼント≫
「LM.Cサイン入りポスター」プレゼント
Aijiとmayaのサインを入れて2名様にプレゼント

ポスタープレゼント

左=表、右=裏



<応募期間>
2016年7月14日(PM15:00)から2016年8月8日(AM10:00)まで
※プレゼントの受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<当選発表>
応募期間終了後、当選者にのみtwitterのDMでご連絡します
(賞品発送先の入力フォームをご連絡します。当該入力フォームに5日以内にご入力いただけない場合、当選を取り消させていただく場合があります)

<注意事項>
● 応募資格は国内在住の方とさせていただきます
● 複数当選は1件のみの当選とさせていただきます
● 商品発送先のご住所等、個人情報の提供にご同意いただけない場合、当選を無効とさせていただきます
● 株式会社USENの従業員および関係者は応募をお控えください
● 当選者には当選通知とともに賞品発送先を入力するフォームを、ツイッタ―のダイレクトメッセージでお送りします。こちらにご入力いただいた住所・氏名・連絡先以外へは発送できかねますので予めご了承ください
● 本キャンペーンの実施により当社が取得する当選者・応募者の個人情報は、個人情報の保護に関する法律等の法令、および当社が定める「個人情報の取り扱いについて」の定めに従い取り扱うものとします





LM.C「レインメーカー」【初回限定盤】
LM.C「レインメーカー」【初回限定盤】
7月20日(水)発売/VBZJ-26/4,800円(税別)/CJ Victor
※「レインメーカー」のMVと「10th Anniversary Special 企画~ドライブ編~『幻じゃなくてもいいじゃん!?』」が収録されたDVD付


LM.C「レインメーカー」【通常盤】
LM.C「レインメーカー」【通常盤】
7月20日(水)発売/VBCJ-30011/1,000円(税別)/CJ Victor


「スマホでUSEN」は150万曲以上! ビジュアル系の専門チャンネルもある

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play