ピックアップ

アーティストのインタビュー、音楽コラムなど音楽に纏わるさまざまな情報をお届けします

enj_190320_reol_main2
ピックアップ
2019.03.20

Reol「文明EP」インタビュー――いままでのReolを上書きするために

Reolというアーティストと向き合って感じたのは、彼女が自分の音楽的ルーツと、いま自分が立っている場所と時代を肯定的に捉えているということだ。そして自らの音楽を“デジタル歌謡曲”とカテゴライズしてしまう客観性も持ち合わせている。来るべき新しい時代に彼女が描くReol像とは?

enj_190308_coalam_main
ピックアップ
2019.03.08

コアラモード.「ビューティフルデイズ」インタビュー――あ、こんなこともやっちゃうんだ!

「Coalamode.Labo 2018→2019 ~あれも Show! これも Show!~」なる新プロジェクトを立ち上げ、次のフェイズへと進もうとしているコアラモード.。あえてキャッチーさを追わなかったという最新シングル「ビューティフルデイズ」についてあんにゅと小幡康裕が語ってくれた。

enj_190226_bentham_main
ピックアップ
2019.02.26

Bentham『MYNE』インタビュー――宝物になる曲が見つかりますように

ポップで親しみやすくて踊れる――もはやそれはBenthamの魅力のごく一部分に過ぎない。温かみを孕んだミディアムチューン「cymbidium」で始まる2ndアルバム『MYNE』に収められた10篇のストーリーは、まさにハイブリッドロック。明確な意思を持って変化する4人の胸中とは?

enj_190218_niihara_main
ピックアップ
2019.02.15

二井原 実インタビュー――LOUDNESS JAPAN TOUR 19 HURRICANE EYES+JEALOUSY

昨年1月に『RISE TO GLORY -8118-』を世界同時リリースし、デビューから38年目を迎えた現在も、他の追随を許さぬ存在であり続けているLOUDNESS。この5月には、1987年の発表から満30年を経た『HURRICANE EYES』と『JEALOUSY』(1988年)をテーマに掲げた全国ツアーも控えている。フロントマンである二井原 実に、その2作品にまつわる話を聞いた。が、その前に二井原から先制攻撃を喰らった筆者であった。

enj_190208_cubocci_main
ピックアップ
2019.02.08

SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第19回のゲストはバーニーズ ジャパンの中箸充男さん

Journal Cubocci編集長の久保雅裕がお届けするSMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」。第19回のゲストは、バーニーズ ジャパンのメンズファッションディレクターの中箸充男さん。収録を終えてのアフタートークをお届けします。

記事をもっと見る