ピックアップ

アーティストのインタビュー、音楽コラムなど音楽に纏わるさまざまな情報をお届けします

enj_190809_cubocci_main
ピックアップ
2019.08.09

SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第25回のゲストは株式会社サザビーリーグ エストネーションカンパニーの大田直輝さん!

Journal Cubocci編集長の久保雅裕がお届けする「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」。第25回のゲストは、サザビーリーグ エストネーションカンパニー プレジデントの大田直輝さんです。収録を終えてのアフタートークをどうぞ。

main
ピックアップ
2019.08.03

木村カエラ『いちご』インタビュー――“元・木村カエラ”と“新・木村カエラ”っていうふたりのカエラ

木村カエラの15周年イヤーを飾るオリジナルアルバム『いちご』は、カエラ本人が手掛けたタイトル曲「いちご」をはじめ、ダイハツ キャストCM曲の「セレンディピティ」、映画『ペット2』日本語版イメージソング「BREAKER」などの話題曲、さらにはあいみょんやカバーアルバム『ROCK』以来のタッグとなったCharaからの提供曲などなど、おもちゃ箱をひっくり返したような仕上がりになった。自身が言う新/旧カエラのせめぎ合いとは?

enj_190726_sum41_main
ピックアップ
2019.07.26

SUM 41『Order In Decline』――デリック・ウェブリー インタビュー

どうやらSUM 41の最新作にして7枚目のアルバムとなった『Order In Decline』はスペシャルな作品になりそうだ。理由はふたつ、いや三つある。ひとつはオリジナルメンバーであるデイヴ・バクシュの帰還、ふたつめはデリック・ウェブリーによるセルフプロデュース作品であること、そしてバンド史上最高のコンディションにあると彼ら自身が語っていることだ。デリックが応じてくれたエクスクルーシヴなインタビューをここに。

enj_190724_ivy_main
ピックアップ
2019.07.24

Ivy to Fraudulent Game「模様」インタビュー――もっと先の景色を見たいという気持ち

Ivy to Fraudulent Gameの3rdシングル「模様」は寺口宣明の作詞作曲による初のタイトル曲だ。これまでバンドのソングライティングを担ってきた福島由也、シンガーのみならずソングライターとしても存在感を示し始めた寺口。ふたりが解き明かしてくれた互いのクリエイティブについて、バンドとしてのストロングポイント。

enj_190712_cubocci_main
ピックアップ
2019.07.12

SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第24回のゲストは株式会社ユナイテッドアローズの栗野宏文さん!

Journal Cubocci編集長の久保雅裕がお届けする「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」はおかげさまで2周年!そんな記念すべき第24回のゲストにお迎えしたのは、ユナイテッドアローズの栗野宏文さんです。

enj_190621_skirt_main
ピックアップ
2019.06.21

スカート『トワイライト』インタビュー――もっとパーソナルに一瞬を切り取って

メジャーデビュー作『20/20』から約1年8ヵ月ぶりにリリースされたスカートのニューアルバム『トワイライト』。大泉 洋主演映画『そらのレストラン』主題歌の「君がいるなら」や、NeggicoのKaedeへの提供曲をセルフカバーしたりとトピックスも多い。そして素朴でありながら洗練された3分間ポップスを鳴らす澤部 渡の本質が伺える作品に仕上がった。

記事をもっと見る