ピックアップ

アーティストのインタビュー、音楽コラムなど音楽に纏わるさまざまな情報をお届けします

enj_181109_cubboci_main
ピックアップ
2018.11.09

「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」特別編!ジュンの佐々木 進さん、ユナイテッドアローズの小木“poggy”基史さんとクボッチのクロストーク in SOLEIL TOKYO(前編)

10月23日から3日間にわたって開催されたファッションブランドの合同展示会、ソレイユトーキョー(SOLEIL TOKYO)。我らがクボッチ編集長と石田紗英子さんが、その会場となったEBiS303で「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」の公開収録を行いました。11月のencoreは、ジュンの佐々木 進さん、UA&サンズの“poggy”さんをお迎えした公開収録とソレイユトーキョーの様子を撮りおろしフォトとともにレポートします。

tpcs_180926_edda_main
ピックアップ
2018.11.07

edda『からくり時計とタングの街』インタビュー――さんかく扉をくぐり、ねごとの森を越えた先の街で

長らく待ちわびていたeddaの1stフルアルバムが私たちの元に届いた。タイトルは『からくり時計とタングの街』。アルバム全編に散りばめられたファンタジーのエッセンスと、eddaならではの巧みなストーリーテリングについて語ってくれたインタビューを。

enj_181031_rihwa_main
ピックアップ
2018.10.31

Rihwa『WILD INSIDE』インタビュー――胸の奥の、奥の、奥のほうにある感情を

シンガー・ソングライターのRihwaが、4年半ぶり2枚目のアルバム『WILD INSIDE』をリリースする。KTタンストールと出会い、コラボレーションが実現したことによって加速したというアルバム制作の過程と、作品に込められた思い、そして彼女が想い描く“Rihwaカントリー”とは?

enj_181012_cubocci_main
ピックアップ
2018.10.12

SMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」、第15回のゲストはアバハウスインターナショナルの原 清浩さん

Journal Cubocci編集長の久保雅裕がお届けするSMART USENの「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」。第15回のゲストは、アバハウスインターナショナルの原 清浩さん。収録を終えてのアフタートークをお届けします。

enj_181001_dpg_main
ピックアップ
2018.10.01

電波少女インタビュー――NIHA-Cの加入と5ヵ月連続リリースとシークレットツアー

MCのハシシ、ボタンを押す係兼パフォーマーのnicecream、そして新メンバー、NIHA-Cの加入により3人体制になった日本語ラップユニット、電波少女(デンパガール)。ハシシ、nicecream、NIHA-Cの3人がファーストコンタクトから新体制発表以降の近況、そして5ヵ月連続デジタルリリースとツアーについて語ってくれた。

enj_180926_hello_main
ピックアップ
2018.09.26

アンジュルム 和田彩花×モーニング娘。’18 譜久村 聖スペシャルインタビュー

USENのスペシャルプログラム“マンスペ”こと「A-57 USEN MONTHLY SPECIAL」。10月はハロー!プロジェクト設立20周年というアニバーサリーにあわせてハロプロの楽曲やハロプロメンバーによるトークプログラムをお届けします。encoreのスペシャルインタビューでは、アンジュルムのリーダーにしてハロプロのリーダーでもある和田彩花と、モーニング娘。’18のリーダー、ハロプロのサブリーダー、譜久村聖のふたりにハロプロ20周年というテーマで語ってもらいました。

enj_180829_mabanua_main
ピックアップ
2018.08.29

mabanua『Blurred』インタビュー――いろんなポジションがあるがゆえの曖昧さ

2010年代サウンドのトレンドを作り上げたキーマンのひとり、mabanua。藤原さくら、iri、向井太一、米津玄師、LUCKY TAPESらのサウンドの基盤を作ったプロデューサーとして、またRHYMESTERやトロ・イ・モアら国内外のアーティストとのコラボや大手企業のCM、ドラマの劇伴も手がける“360°音楽家”。mabanua名義としては実に6年半ぶりのアルバム『Blurred』について、そして音楽家としての源泉を探るインタビュー。

記事をもっと見る