96_150918_u3k_main

オーディオ
2015.09.24

驚愕のコスパ!?U3000イヤホン特集――後編

断線したら買い替える!音楽のジャンルで使いわける!そんなラフでカジュアルな使い方でも気にしない。そう、実売3,000円以下ならね!encoreのU3000イヤホン特集、後編をお届けします。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「スマホでUSEN」
今なら14日間無料――詳細はこちら

Amazonベーシック E300
シャオミ Mi In-Ear Headphones
KOSS THE PLUG

承前

U3000イヤホンのクロスレビュー後編はAmazonベーシック、シャオミ、KOSSの3ブランドがエントリー。U3000は実売3,000円以下という意味で、安いわりに音がいい、要するに掘り出し物を見つけようという企画。レビュアーは、ともにオーディオライターで、VGP審査員でもある高橋 敦氏と折原一也氏。

Amazonベーシック E300

髙橋 敦(T)Amazonの自社ブランドイヤホンの中でスポーツ用とされているモデル。イヤモニ風の装着方式はこの価格帯だと珍しいが、体を動かしたときのケーブルノイズを抑えるためだろう。音は失礼ながらちゃんと普通の音。ベースやバスドラムも「わかりやすい重低音」でごまかさない締りのある低音だ。「付属イヤホンなくした→さくっとAmazonで買っとくか」みたいなユーザーにもこのようにちゃんとした方向性の音が提供されることは喜ばしい

折原一也(O)どこで設計・製造しているのか分からないAmazonベーシック。だが、届いた箱には中華文字。“グローバル”なモデルなのだろう。意外に音にこだわってそうな筐体。音質も想像以上で、空間重視で特にジャズのギターの響きが素晴らしい。ちょっと高域が強めで特にJ-POPの女性ボーカルに合う。一方で、重低音は今の流行より若干足りないイメージ。ちょっど派手目なサウンド好きには5,000円以上の価値があるのでは

E300。なぜだか商品説明にも記載がないが、着脱式のイヤハンガーは結構便利。

シャオミ Mi In-Ear Headphones

TXiaomiとなればコスパは高いのだろうとパッケージを開けると実際「高級感ありすぎる高級じゃないイヤホン」みたいなキャッチフレーズを付けたくなるようなルックス。スマホメーカーの製品なのでリモコン&マイクも当然搭載だが、そこも金属ケースだ。音はベースなど低音楽器は他よりもかなり控えめで全体に軽くはある。高域側を強めに出すがシンバルはシャープなのに女性ボーカルは少し遠く感じるなど、高域の中でのバランスも独特

O“中国のアップル”の異名を持つ小米(シャオミ)。届いたパッケージがiPod nanoの極小箱風で抜群にカッコ良く、キャリングケースも兼ねるラバー製の収納も素晴らしく合理的で、試聴前から期待が高まった。その音も期待以上。シャキリと印象的に伸ばす高域とズズンと沈む低音、音場が広いガチンコのピュア志向。J-POPはもちろん、ジャズやクラシックも持ち前の解像感で再現。この実力、余裕で8,000円でも通用する。小米、恐るべし(O)

Mi In-Ear Headphones。筐体はアルミ合金、コードはケブラー捲き、収納ケースも秀逸。

KOSS THE PLUG

Tこれ以上に安っぽく作ることは至難!と思わされるその極限的にチープなルックスは、もう逆にこれはこれで成立している。音もやたらと個性的で、ふっかふかに柔らかく広がる低音が印象のおおよそを支配。高域もボーカルの吐息やシンバルなど刺さるべき音までふわっとさせるので全体にふっかふか。これもまたこれで成立している。今回ピックアップした中だとKOSSが低域特化でシャオミが高域特化、他はバランス型の範疇での個性といったところか

O重低音と言えばコレという昔ながらの定番。単品で買うと3,000円以上するウレタンフォームを、2,000円以下のモデルで標準採用したお買い得なイヤホン。見た目は文字どおり“THE PLUG”。要するに耳栓だ。さて、その音は重低音に全振りで、耳が痛くなるようなパンチの強さ。中高域は正直、こもっていると形容せざるをえない。歌モノもや生楽器も不向きなので、素直にEXILEみたいなダンス系(特に男性ボーカル)をノリノリで聴くべき

THE PLUG。カナル型の先駆け的存在。低反発のイヤピースをぎゅっとつまんで装着という儀式が当時は新鮮だった。

総括

6機ともそれぞれ個性的だが、結論としては総じてバリューフォーマネーというか、お値段以上な印象だった。あたり前だが、どのイヤホンがよくて、どれがダメということはない。パーソナルオーディオ、とくにイヤホンやヘッドホンは使う人それぞれの好みがあるわけで、自分の耳で試してみないと評価できないものだ。だからこそ、3,000円以下という買いやすい価格設定に意味があるのだ。手持ちのイヤホンがフィットしないとか、失くしたとか、断線しちゃったという人はぜひお試しあれ。

Text / 高橋 敦、折原一也

Photo / 後藤秀二

Amazonベーシック E300
シャオミ Mi In-Ear Headphones
KOSS THE PLUG


「スマホでUSEN」は150万曲以上が聴き放題

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play