96_150828_tlr_main

オーディオ
2015.08.20

老舗TEACが放つレトロな“クロモノ”

ちょっとレトロスペクディブで存在感のある“クロモノ”を紹介しよう。TEACのターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー「LP-R550USB」だ。

<PR>
音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」
★★★★★★★――詳細はこちら

TEAC LP-R550USB

これぞ“クロモノ”というレトロ感

ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダーという式名称だけではちょっとわかりずらいので、本機の機能を箇条書きでまとめてみた。

  1. アナログレコード・プレーヤー
  2. カセットプレーヤー
  3. CDプレーヤー/レコーダー(ライター)
  4. AM/FMラジオチューナー
  5. ステレオアンプ/スピーカー

こんな感じだ。要するにこれらの機能を詰め込んだ一体型マルチコンポなのだ。LP-R550USBという型番のとおり、USBポートも装備しているので、レコードやカセットの音源をPCに出力して音声ファイルに変換することもできる。メーカーの煽り文句は“音楽好きのお父さんへ。”つまり、お父さん世代が大量にストックしているレコードだの、カセットだの、そういったレガシー音源を、CD-Rにトーストしたり、PCに取り込んだりするためのデバイスなわけだ。もちろん、アンプ/スピーカーを内蔵しているのでそのまま音出しもできる。スピーカーユニットは76mmと小径なのだが、変な歪みもなく、音質はまずまずといった感じ。奥行きのある筐体がバスレフ型の特性に適っているのだろうか。

96_150828_tlr_sub01

カラーバリエーションは木目調のウォルナット(WA)とブラック(B)

96_150828_tlr_sub02

絞り込まれた機能とわかりやすい操作系統

基本的な操作はフロント部かリモコンで行うが、カセットの操作はトップ部で行う。トーンアームも手動だ。オーディオに疎い女性でも扱いに戸惑うことはないだろうし、お父さん世代ならかえって使いやすいと感じるのではないだろうか。アナログ音源を録音する際に、曲順や曲間をマーキングする手順やファイナライズといった操作が微かに“いま”を感じさせる部分。ちなみにカセットデッキは再生専用で録音はできないし、CDのコピーもできない。こうした機能の絞り込みが使い勝手のよさを生んでいるとも言える。

96_150828_tlr_sub03

96_150828_tlr_sub04

96_150828_tlr_sub05

写真は天面部のUSB typeBポート。背面部にRCAの入出力、フロント部にヘッドホン端子を備える

はじめてのレコード体験に

さて、ティアックといえば、長らくアナログのテープデッキやターンテーブルを製造し続けてきた硬派なメーカーで、確かにお父さん世代のオーディオファンにはなじみ深いブランドだろう。ティアックに限らず、ここ数年で、こうした再生機器がリバイバルし、レコード盤についても、メーカーからレコード店まで流通網のレストアが進み、新譜のアナログ盤も比較的入手しやすくなった。東京近郊の都市部では、DJユースの専門店はめずらしくないし、中古レコード専門店に行けば、1枚数百円からレコードを手に入れることもできる。96monoとしては、盤自体の入手が容易になった今、アナログ盤に触れたことのないCD世代、配信世代の音楽ファンにもこのプレーヤーをおすすめしたい。ハード、ソフトともリーズナブルだし、何より、レコードを買って、聴くという体験は、もっともフィジカルな充実感を得られるものだから。そうそう、最後にひとつだけアドバイスを。カートリッジ(レコード針)は消耗品と割り切って、ケチらず早めに交換すること。必ずしも高価なものを買う必要はない。本機の純正品なら3個4,000円前後で手に入れられる。

※この記事は、2014年11月から2015年9月までに「96mono(クロモノ)」で公開された記事を転載したものです。製品の仕様や価格等は公開当時と異なる場合があります。

Text / 編集部

Photo / いのうえようへい

TEAC LP-R550USB-WA


「SMART USEN」は150万曲以上が聴き放題

アプリのダウンロードはこちらから

Get it on Google Play
Get it on Google Play